リーマンパッカー空をとぶ

サラリーマンの旅ノウハウ。   ※スマホ表示にトグルメニュー追加しました。

【台湾】安くて美味しい小籠包を食べよう in 台北

f:id:lehmanpacker:20161214232827j:plain

この記事では、安くてウマイ小籠包を食べる方法を、体験談をもとに書いていきます。2016年、夏のおはなしです。

 

 

 

この夏、台湾に行ってきた。

台湾、、、といえば、なんだろうか、

 

・夜市

・小籠包

・足裏マッサージ

・台湾デザート
 (タピオカミルクティ、果物乗せカキ氷などなど)

 

といったところだろうか。今回は、 安くてうまい小籠包を食べる! をテーマをもとに、小籠包屋めがけてきた。その行き方などを記していく。

 

 

台湾の小籠包

台湾の小籠包で、圧倒的な知名度を誇るのは、鼎泰豐 (ディンタイフォン)だろう。

一度は聞いたことがある人が多いと思う。

 

f:id:lehmanpacker:20160907172421p:plain

ディンタイフォン(鼎泰豐) | 小籠包・点心の台湾料理・台北料理|公式

 

概略( 鼎泰豊 - Wikipedia )

鼎泰豊(ディンタイフォン)は台湾台北市に本店を置く、小籠包が看板料理の上海料理レストラン・チェーン。日本、アメリカ合衆国、中国、オーストラリア、インドネシア、タイランド、マレーシア、シンガポール、韓国にも店舗を持つ。

 

日本においては東京都内の中央区・港区・渋谷区・世田谷区・立川市のほか、仙台、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡、熊本の各市に店舗を持つ。大半の店は高島屋内への出店である。これは、高島屋の子会社である「アールティーコーポレーション」が運営している事による。また、同社は香港の糖朝の日本支店も運営している。 

 

との通り、各国に出店する有名チェーンであり、小籠包1本で各国に進出する、まさに小籠包のグローバル企業だ。

ぼくは食べたことないが、時に、友人のSNSに、鼎泰豊食べてきた!などの投稿を見かける。

 

美味しいと有名だが、値段もそれなりで、700〜900円、と海外の小籠包にしては高いようだ。

 

 

 ぼくは中国(大陸側)に7、8回訪れたことがある。(中国の魅力。僕が個人旅行で中国をおすすめする理由。(特にサラリーマンに) - Lehmanpacker’s diary

中国でわずか10元(当時150円とか)程度で、安ウマな小籠包を食べてきたぼくが台湾までやってきてわざわざ700円とか900円とかする、小籠包を食べるはずがないであろう!(台湾〜日本価格)

 

ということで、安くて美味しいコスパ最高な小籠包を検索してから、台湾にのりこんだ。その情報を紹介していこう。

 

 

と、そのまえに中国小籠包、小ネタを2つほど。

 

 

 

○小ネタ1:上海で安くて美味しい小籠包

上海でとても安ウマだったのは、コチラ。 

f:id:lehmanpacker:20160907183540p:plain

【上海|美食】佳家湯包 @ 台灣人的上海狂想曲 :: 痞客邦 PIXNET ::

チェーン店だそうで、複数あるようだ。中国出張者から仕入れた情報をもとに、探して行った。

 

f:id:lehmanpacker:20160907183549p:plain

不眠王子 | 吃吧 ChiBa78.com

安くてめちゃめちゃおいしかった(人生上No.1)。種類はいくつかあった。ノーマル、蟹入り、etc。
ノーマルが一番美味しかった。当時150円ほどで、12個とか。安すぎ。

 

 

上海に行く人があれば是非探して欲しい。

 

 

 

 

○小ネタ2 小籠包、中国語でなんていうの?

会社の 台湾駐在経験者に、台湾に行ってきますと話をしたところ、

 

『小籠包ってぇのは、台湾では、小籠湯包(ショウロンタンパオ)って言うんだぞ
(エヘン)』

 

と言われた。なるほど、小籠包の中にはスープが入っている。

中国語で、スープ=湯(タン)、だ。知らなかったが、そうかもしれない、、、と。

 

 

ネットで検索していても、店名に、○○湯包、と書かれていたし、実際先ほどの、上海の小ネタの店も、看板をよく見れば、○○湯包、と、湯の文字が入っている。

勉強になった。

 

実際今回台湾現地にいってもそう呼んでいた。

というか、小籠湯包からさらに略して、湯包、湯包、(タンパオ、タンパオ)と呼んでいた。

 

 

 

(小ネタ、完)

 

 

 

 

さて、安ウマな小籠包を求めて、検索をかけ、大変参考になった記事はコチラ

 

www.taiwan-labo.com

 

台湾・小籠包 といったキーワードで検索すれば、台湾美味しい小籠包○選! 的な記事がいくつもヒットするが、こちら地図もついており、店数も7店と多くもなくとても見やすかった。

 

そして、この中でぼくが狙いを定めたのがコチラ。

 

f:id:lehmanpacker:20160907185039p:plain

http://www.taiwan-labo.com/taiwan-soup-dumpling-327/

 

 

ううむ、他の6店舗よりも安い。行ってみよう。記事記載、85元(台湾ドル)、現在換算260円。

加えて、

・夜市のすぐ横、

・自分の到着空港(松山空港)からも近い、

と諸条件重なって、狙いを定めた。

 

 

 

アクセス

上記店舗(以下、イーラン)は台北駅(台北車站)から地下鉄で簡単に行ける。

しかしながら、この店舗は観光本などにはまだのっていなく、むしろ、まずはこのイーランを目指すのではなく隣接する、饒河街夜市 を目指した方が良い。

 

饒河街夜市であれば、地球の歩き方、るるぶ、まっぷる、あらゆる観光本にのっている。

(参考記事を2つ:饒河街夜市 | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

【台北】夜市はどこがおすすめ!?定番だけど何度も行きたい夜市7選 - トラベルブック

饒河街夜市は、台北で、2番目か、3番目の規模か、正直一番大きいところよりも、一本道になっていて回りやすい。個人的には台北市内で一番おすすめできる。

 

さて、その饒河街夜市への行き方だが、台北駅を起点とすれば、

・電車で一本、もしくは、

・地下鉄(MRT)で、一本乗り換え、だ。

下記路線図を参照にしてほしい。

めざすは、松山駅。

f:id:lehmanpacker:20160907221243p:plain

 http://www.taiwannohannou.com/archives/17140089.html

 

ぼくは地下鉄で行った。

松山駅につけば、すぐに饒河街夜市の案内がでているので、それに沿って進めば徒歩2、3分で到着する。

 

夜市入り口。 

f:id:lehmanpacker:20160907223515j:plain

きらびやかな入り口。横浜や長崎の中華街の入り口を彷彿とさせる。

 

ついつい楽しそうな光に誘われて、こちらに入ってしまいそうだが、こちらに入ってはいけない

 

f:id:lehmanpacker:20160907233730p:plain

めざすイーランへ行くには、この門のすぐ横にある、お寺の脇道を入っていく。

 

f:id:lehmanpacker:20160907233839j:plain

写真、向かって左に行くとさきほどの写真の門がある。門に吸い込まれず、写真のお寺的な建物の右の脇道を入っていけばすぐにみつかる。

 

このお寺と、コンビニの間を入っていく、と覚えておけば良いだろう。

 

 

 

 

さて、以下食レポは食べログ風にお届けする

 

 

 イーラン、食べてみた 

f:id:lehmanpacker:20160908062342j:plain

さぁ、安ウマな小籠包を求めてやってきましたよ〜!ついに到着、イーランです!

若干迷ったものの、無事到着しました!

 

この小籠包めがけて、飛行機内では、機内食を断る、など胃袋の準備は万端です!

 

f:id:lehmanpacker:20160908062410j:plain

1番上のメニューをみてくださいっ。

ん〜、ネット記載の価格よりも、5元値上げしていました。

その価格差、うーん、、、15円。どうでもいい!

 

小籠包の他にもいろいろメニューがありそうですねー。

小籠包を食したあとに、つまみぐいしてみましょう♪

 

 

あ、店舗風景を描写しておくと、

店舗内にあまり席はありませんねー。外にちょっとしたタープテントと椅子・机がポポンと置かれております。

 

また、店員は若干の日本語もしゃべれて、

・ショウロンポウ、

・イクツ、

・ココタベル、

などのやりとりが可能です。

 

さぁ、さっそく小籠包が到着しました。食べてみましょう。

f:id:lehmanpacker:20160908062426j:plain

セイロじゃなくてお皿での提供

 

f:id:lehmanpacker:20160908062507j:plain

湯気もあがったりして美味しそう 

 

f:id:lehmanpacker:20160908064306j:plain 

お箸で皮をやぶります。

じゅん・じゅわ〜なスープが入っております。もうこのふやふやの見た目が口に放り込むまでのわずかな時間、胃袋を刺激してきます。

 

さぁ、ぱくり。

 

 

美味しい〜!

 

 

味は、未体験な風味がして、ちょっと生姜風味がしました!

 

以下立て続けに口の中に放り込みます。

 

パクパクパク。

 

もぐもぐ。

 

んまい!

 

あっという間に一皿食べきってしまいました。

 

もっかいいこ、もっかい!

 

店員にすかさずもう一皿頼みます。

 

座席数に対して、うまっていたのは半分弱、地元のサラリーマンや、カップルなど。

ほぉ、日本人がきている、とちょいちょい覗き込まれます。

そうだよ!日本人は台湾大好きだよ!

 

とそうこうしているうちにもう一皿。

 

ぱくぱくぱく。

 

2皿目もさらっと平らげました!

 

美味しい、これで270円は買いだね♪

 

 

その他メニュー

その他にもチマキ、となんか貝が入ったスープを頼んだよ。

小籠包以外にもちょいちょいメニューが揃っているのが嬉しいねっ!

そちら、写真を貼り付けるので、画像でお楽しみください☆☆

 

f:id:lehmanpacker:20160908175525j:plain

ちまき。見た目ぱんぱん。

 

f:id:lehmanpacker:20160908175716j:plain

中をあけると、豚肉とかがくたぁ〜

 

f:id:lehmanpacker:20160908175835j:plain

アサリ汁。やさしい系

 

 

 

 

 

ということで、安い・美味しい・立地よし(夜市とかすぐ横で、楽しめる)な、

宜蘭正常鮮肉小籠湯包を紹介してみた。

 

安ウマハンターは是非訪れてみてはいかがだろうか。

 

★ おすすめ関連記事

www.lehmanpacker.net

 

第2段でござる。ちょっと中心部より遠いけど、この記事の半値近いっす。↓

www.lehmanpacker.net