TRAVEL・海外ネタ

【買ってみた!】アメリカ・ハワイで、Threeのsimがかなり使えたのでおすすめしたい。

更新日:

threeのsimを購入・アメリカで利用を検討している方へ。

今回threeを事前購入し現地で使ってみたのでレビュー・感想をしていきたいと思います。

  • 事前登録はどんな感じでやるの?
  • 実際の通信状況は?

このあたりをレビューしていきます。

 

大前提にあなたが海外へもっていくスマホがsimフリースマホである必要があります。『simフリースマホって何?』という方は下記記事をご参考ください。

関連記事
simフリースマホとは?簡単に説明してみる!海外で自分の携帯を使うために。

simフリースマホって何?という方へ。 海外旅行で自分のスマホを使いたい場合、大前提としてsimフリースマホである必要があります。 私はこのブログで海外で使えるsimカードをいくつか紹介していますが、 ...

続きを見る

尚、私からの通信状況レポートは、私が滞在した

  • ロサンゼルス
  • ヨセミテ公園
  • ラスベガス
  • と、これらをつなぐ道中

にアメリカ大陸西側になりがちです。

『わしゃハワイがしりたいんじゃ』

『アタシはニューヨーク!』

という人のために、記事後半に代表的な都市の口コミを紹介いたします。

 

まずはじめにおさらいとして、threeのsimカードとは? 触れておきましょう。

 Threeのsimとは?何故アメリカでおすすめしたいのか。

THREE SIM特徴
項目 内容
価格 約1000円〜
1GBあたり 約1000円
容量種類 1GB,3GB,12GB
テザリング 不可
サイズ 標準、micro、nano(付属アダプターで可変)
購入先 Amazon
Amazon口コミ 星4.2
使用可能日数 30日
特徴・その他 ヨーロッパ方面に強く50ヵ国近い使用可能国数。詳細は公式ホームページにて

 ※表は1GBのもので記載しています。価格は販売元によって多少異なります。また、Amazonを覗いていると価格に短期間での微変化が見られます。

 

THREE SIMはイギリスの会社が出しているものです。欧州で利用可能な国が非常に多いのですが、このsimはアメリカも利用可能国に含みます。

2017年調べていた頃は1GBのカードで2000円強だったのですが、価格競争すすんでか2019年6月時点990円になっています。

(価格の変化があるので最新価格はリンク先にてご確認下さい)

こちら:Amazon

 

THREE SIMの強み

1000円ぽっきりからというお手軽価格。まずこれが強みと言えるでしょう。

また、アメリカ旅行予定者にはあまり強みとはなりえませんが、ヨーロッパを中心に対象国の多いこともこのsimの強みです。このタイミングで存在を是非覚えておきましょう。

ヨーロッパ方面に旅行に行く際には必ず役に立つsimカードです。

サイズごとの価格は下記の通り。こちらも同様に各容量、Amazonで買えます。

 

価格一覧
容量 価格 1GB当たり 可能日数 リンク
1GB 990円 990円 30日間 Amazon
3GB 1,740円 870円 90日間 Amazon
12GB 4,900円 410円 360日間 Amazon

 ※価格は短期間での微変化が見られます。 

 

テザリングは出来ないが、、

THREE SIMはテザリングができません。

ただ、このお手軽価格を武器に人数分買ってしまうのもありかな、と思います。複数名の旅でもみなの通信環境が整っていれば、互いに離れても多少の別行動もできますしね。

f:id:lehmanpacker:20170807192615j:plain

海外の中央市場的なところから

 

別行動したい。こういうシーンってちょこちょこ起こります。

  • ショッピングモール、とか
  • フェスなどの○○会場、

だとか。そういった場所に行く際にも役に立つでしょう。

 

テザリング不要だわ、、という場合には検討の価値あるsimでしょう。

 

信頼度は?

Amazon口コミで星4.2。

こちらもかなり良好です。Amazon口コミではヨーロッパ方面のレビューの書き込みが多いのですが、アメリカやカナダといった北米方面の旅行へのレビューもしっかりとみかけます。全く問題ないと考えて良いでしょう。

【更新②2019年3月、星4.1、口コミ814票です。欧州メインのsimカードなので目安程度に。】

Amazon口コミ

 

1GB、3GB、12GB、とユーザーニーズに合いそうなラインナップ、ここら辺も1週間〜数ヶ月滞在、など用途似合わせて買えそうです

 

リンク:Amazon

 

 

尚、こちらの記事で、先日おすすめの5つを紹介・比較していますので、気になる方は読んでみてください。

 

さて、前置きはさておき購入レビュー・現地レポをしていきましょう。
まずは行先紹介です。

Threeのsim、アメリカのこんなところで使ってみた!

検証先を図解するために、今回2019年GWの旅程・ルートマップを紹介しておきます。基本的にはアメリカ西側のみとなります。実際道中にはヨセミテ、もしくはロス→ベガス途中、と言った人が住んでいない地域も計測しています。

 

twitterでこまめに通信速度をあげていったので、そちらを使いながらレポするよ!
LIPPER

 

ちなみに、この旅では2機種、2枚のsimを検証しています。simとsimフリースマホの組み合わせは下記。

  • most-sim→AQUOS sense plus
  • Three sim→Huwawei P20 lite

で検証しています。ちなみにmost-simのレビュー記事はこちら

 

購入・到着~開封の儀

旅行前にamazonでポチっ。無事届きました。パッケージは小さくかわいらしいサイズでした。

simのサイズもばっちり名nano,micro,normal対応です。

 

huwawei p20 liteに挿入しました。sim取り出し口用のピンはついてなかったので、ピンが必要なスマホの人は注意しましょう。(私は、most simのピンを利用した)

Threeのsim、APN設定

こちらも載せておきます。

iphone

android

 

APN設定

※i-phone、android兼用です。

名前:3(ほんとうは何でもok)

APN:three.co.uk

ユーザー名:空欄

パスワード:空欄

認証方式:CHAP

それでは現地の様子をみていきましょう。

 

Three sim ロサンゼルス→ヨセミテ道中での通信状況

空港に到着したのは午前11時前頃。飛行機の中でsimをセットしておくと飛行場での通信をキャッチしました。

着陸後、最初の通信が一番大丈夫かなぁ、と思ったのですが問題なし。

レンタカー会社でレンタカーを借り、ヨセミテへ向かいます。

GoogleMAPをナビにしたってわけですね!
SHIRO(旅初心者)
LIPPER
そぉそぉ、その通り。ナビもレンタカー会社で借りると1日15ドル、とかするからね
高っ。なるほど、ナビ借りるよりだいぶ安いわけですね。
SHIRO(旅初心者)
LIPPER
私はレンタカー旅が多いから、海外simは手放せないよ。

【道中写真】ロサンゼルス空港→ヨセミテ国立公園

アメリカでレンタカーを運転したのは10年ぶりくらいでしょうか。いやぁフラットすぎるし、道路のシステムが全く違いますね。

道路に人とか基本存在しないですからね。

そんな道中写真をご覧ください↓

うわぁ~、超フラットですね!
SHIRO(旅初心者)
LIPPER
本当ね。国土の広さや道路の設計が日本と全く違うから、走っていて楽しいよ!高速道路も全部無料だし。
ひぇぇえ!あの国土の広さで高速道路が無料!?
SHIRO(旅初心者)

 

Threeのsim ヨセミテ国立公園 通信状況

さて、時差ボケに苦しみながら、安全運転でなんとかヨセミテ国立公園へ。

ヨセミテ国立公園 トンネルビューポイント

初日に目指したのは公園内『トンネルビューポイント』。

Macbookの壁紙などになっているあの場所ですね。
SHIRO(旅初心者)
LIPPER
そうそう、ぶっちゃけ日の入り時刻めざしてちょっと飛ばしてました 汗

 

ヨセミテ公園内トンネルビューポイントの通信状況は、、、

下り速度0.2でした!

この『トンネルビューポイント』はヨセミテ公園内、ヨセミテバレー(宿泊施設や、スーパーなどがある)を中心としたらかなり外れに位置する場所なのですが、やはりド田舎すぎは厳しいですね。

ただ、ギリギリGoogleMAPナビなどは検索できました。

まぁ日本でも超地方、ド田舎(山の中)だったりすればdocomoやSoftbankでもダメなものはダメ、なのでそーゆーことなんでしょう。

 

国立公園とか、ド田舎に差し掛かったらナビが止まって目的地にたどり着けなかったりしませんか?
SHIRO(旅初心者)
LIPPER
それがね、大丈夫なのよ。通信切れてもナビは続くのよね。

もっと詳しく

GoogleMAPのナビの仕様は、通信が途切れてもナビ表示を続ける、という仕様になっています。

(スマホのGPS機能は通信状況とは連動していません。通信状況と無関係に働きます)

なので、公園内のどこかで通信が途切れたりしても目的地にはたどり着くことが出来るのです。

 

と、simのはなしはさておき、しばし夕日に染まるヨセミテの岩山群の変わりゆく色合いをどうぞ。↓

夕日の傾きとともに赤く染まる岩山群。

ということで初日は日の入りとともに観光終了。ホテルで就寝後、翌朝のトレッキングに備えます。

ヨセミテ国立公園 ヨセミテバレー付近

翌朝は5時に起きて、公園内中心地へ。(ビジターセンターや、スーパー、お土産がある。)

そのヨセミテバレー中心地の通信状況。

下り約2Mbps。

ヨセミテの中心地にくれば回復しました。ふむ、速度的にも問題なし。

ということで、トレッキング背景をツイートツイート。

ヨセミテはスイスの劣化版、と旅人Fから事前レポートを受けてましたが、かなり良い感じ。スイスのラウターブルネンから、山小屋や民家をとっぱらったような感じですね。(アクセスはよくない)

早朝日の昇前に。

岸壁がでかい!ただひたすらに。

突如現れる草原にいやされる(*'ω'*)

 

うーん、偉大・雄大・ただひたすらにでかい。

続いて、ラスベガスへの道中。

Threeのsim ベイカーズフィールド界隈 通信状況

こんなマイナーな街、ちょっと行く人いるかわかりませんが(^^;)

ヨセミテからラスベガスへ向かう間にベイカーズフィールド、という小さな町で1泊しました。その界隈の通信状況のレポートです。

街と街をつなぐような広大な場所でも、通信状況は悪くなかったです。土地がフラットだと電波がよくとどくんですかね(?_?)

ベイカーズフィールド界隈

ベイカーズフィールドを朝出発した時に計測。(アメリカ3日目朝5時半にベガスへ向けて出発時)


下り3Mbps。
うむ、通信速度も総じて悪くないですね。

ちなみにカリフォルニア州ドライブ中の景色は総じてこんな感じ。

すんげーフラット。ハイウェイっ、って感じでない県道的な道でもぐいぐい100km/hで走れます。いやぁ広大。ただひたすらに。

さて、続いてラスベガス関連です。

Threeのsim ラスベガスの通信状況。

ラスベガスへの道中(ベイカーズフィールド→ラスベガス)

アメリカ3日目朝5時半出発。約5時間の道のりです。(なげー)

2時間もするとすっかり日も上り、カリフォルニア州→ネバダ州へと入り砂漠地帯へと突入です。

下り5Mbps。

あれま、良そうに反して砂漠地帯でもバッチリ通信するのね。

尚、Threeのsimはイギリスでは4GLTE通信、その他の国では3G通信、という形になります。3G通信=遅い、というのはここアメリカでは全く図式が違うようです。(じゅうぶんはぇぇ)

 

ちなみにそのころの景色は、『ココ火星?』的な感じ。

ロス→ラスベガスルートのドライブは2回目でした。ネバダへと入ると本当ひたすら砂漠(火星っぽい)ですね。

続いてラスベガス街中です。

ラスベガス ストリップ(@ベラッジオホテル内)

下り4Mbps。

はえぇっ!

ラスベガス中心地こと、ストリップでも十二分な速度がでます。

その頃一方、私はこんなことをしてました。

ホテルベラッジオのバフェ

たしか25ドルくらい。

リブ。ぐ、ぐるじぃ、、。

ちょっと言葉の解説ですが、ストリップ=ラスベガス観光の中心地となる通りの名前です。

バフェ=ベガスで大型テーマホテルが出しているバイキング形式の食事をバフェと呼びます。食べると苦しいです。太れます。食後に寝たくなれます。苦しい。。

 

ラスベガス ダウンタウンラスベガス(@フリーモント通り)

さて、フリーモントエクスペリエンス(天井が動画になるアーケード街)のあるダウンタウンも散策しました。

ラスベガスにきてから、

LIPPER
パンケーキたべたいーパンケーキたべたいー

となってましたので、スマホで『lasvegas downtown pancake』などと検索します。

いやぁ、旅先でも思いつくがままにネットに接続でき、調べものができるって本当に便利です。

ほれほれ、パンケーキ↓

うわぁぁあ、大きいですね!太りそう!
SHIRO(旅初心者)
LIPPER
太れるよ!

 

さて、ダウンタウンでも計測したので情報シェアです。

下り7Mbps。

ラスベガスはストリップでもダウンタウンでも爆速でしたね。

 

さて、私の速度検証はここまでです。

続いてその他の検証です。

その他の都市は?three-inアメリカ、口コミを紹介

私の計測・各種検証は上記までとなりますがアメリカというのは再三述べてます通り広大です。

『わしゃアメリカ西側に行くわけちゃう!』という人向けに、他都市の情報を口コミベースで紹介します。

少々長文になりそうですが、日本人の行きそうな下記の都市を拾っていきます。

紹介先はこちら

  • ハワイ
  • ボストン
  • ニューヨーク
  • ワシントン
  • デトロイト
  • テキサス
  • ヒューストン
  • オースティン
  • ジョージア アトランタ
  • サンフランシスコ
  • サンノゼ
  • シカゴ
  • フロリダ オーランド
SHIRO(旅初心者)
それでは早速みていきましょう
自身の行きたい都市があるか、探してみて下さいね!
LIPPER

Three sim ハワイの通信状況

恐ろしいほど使える

7月にハワイで利用しました。アンドロイドスマホを使い1Gプランでしたが、1週間の旅行ではまったく問題なし。WEBブラウジングとGoogleMapとlineの利用でしたが、半分以上容量は余りました。イギリス以外では、LTEは使えず3Gでの接続でしたが、上記アプリの利用ではまったく問題ないスピードでした。設定できない時もあるとのコメントもあり心配していましたが、simを差し込むだけで、apnの設定もなにも必要なく電波をつかみました。気を付けるのは、ローミングにチェックを入れるのを忘れないこと。

 

>>Amazon口コミ

Threeのsim  ニューヨーク・シカゴ・アトランタ の通信状況

3GB/3ヶ月版。アメリカにてEssential Phone (PH-1)に使用。問題なく使えました。

『アメリカで接続状況が悪いというレビューがあったので若干心配していましたが、
機器のバンドの対応の問題であろうと考え、試しました。米国ではバンド2が利用可能のようです。

実際に、少なくとも以下の地域では電波を捉え、google mapをナビ代わりにする、などの使用も可能です。
・シカゴ、ニューヨーク、アトランタの空港近辺
・ウィスコンシン州、アラバマ州
Androidの「端末情報」-->「SIM」の画面から、AT&TでHSPA+で電波を捉えていることを確認しています(画像参照)。』

 

>>Amazon口コミ

Threeのsim ワシントン通信状況

ワシントンD.C.、サンパウロで使えました

『ワシントンD.C.に短時間滞在するために使用。ワシントンに着く前に機内モードの状態でsimを入れ、設定をしておきました。着いて機内モード解除後、30秒ほどで開通しました。体感では日本の一昔前の3Gくらいのスピード。SNSやgoogle map等の使用であれば何の問題もないです。ちなみに次の経由地サンパウロでも使えました。これでテザリング出来れば言うことないんですが…。お勧めです。』

 

>>Amazon口コミ

 

Three sim サンフランシスコ 通信状況

アメリカで使用しました

『ヨーロッパで使えました…のレビューばかりなので。アメリカ(サンフランシスコ)で使うために購入しました。

Amazonで購入できるアメリカSIMといえばZIPSIMですが、ZIPSIMがT-Mobileの電波をつかむのに対し、このSIMはキャリアはAT&Tの電波を掴みました。』

 

>>Amazon口コミ

Threeのsim テキサス 通信状況

アメリカ(テキサス)で問題なく使えました

『ZenFone3(ZE520KL)で使用。アメリカ(テキサス州)に滞在中、問題なく使えました。ダウンタウンでも郊外でも、LTEと比べればまぁそれは遅いだろうなと思う程度のスピードでFB(写真アップロード含む)もネットサーフィン(調べもの)もさしたるストレスなくできました。30日は不要だけど…と思いましたが、これにして良かったです。』

 

>>Amazon口コミ

Threeのsim フロリダ 通信状況

フロリダではきちんと使えました

『フロリダで使ってみました
ダウンロードしたマニュアルに従って設定したら特に問題なく接続でき3Gとハイスピードでの接続でしたが,メールやWebの閲覧についてはそれほどストレスを感じることはありませんでした
グーグルマップを普通に使うにはちょっと遅い感じがしました』

>>Amazon口コミ

 

以上簡単に日本人が行きそうな都市をピックアップしてみました。

 

 

LIPPER
気になる都市がある場合は、下記リンク(Three sim のAmazon口コミ)から入り、検索窓に都市名を入れてみてくださいね。

>>Amazon口コミ

 

Threeのsim T-mbile版まとめ

話しは戻りまして、Three in USAのまとめです。

Threeのsimまったく問題ありませんっでした。Threeはイギリス以外では3G通信だけど、遅くないよ、と口コミで見掛けたのは事実でした。

1000円ぽっきり、という安さがいいですね。私はこの旅では2スマホ、2sim購入していましたが、友人にコレ使ってちょ、と渡していました。

 

口コミ900件以上、みなさんが星4つとつけているのには納得、評価通りの満足のいく使い心地でした。

みなさんも是非買っていってみてください。

 

【1つだけ補足】2019年新発売のThree simアメリカ版も紹介

このThreeシリーズ、2016年の出だし頃はヨーロッパ版しかなかったのですが、実は、

  • 中国版
  • 韓国版
  • 台湾版
  • ・・・

と、ヨーロッパを超え、各地域版もどんどん発売されてます。(管理人は韓国版も使ったことがあります。→レビュー記事

2018年Amazon上で見掛けなかったアメリカ版ですが、2019年に発見(2019年ゴールデンウィーク旅行前に気づかなかった。)

usa-sim

パッケージに『美国』とありますのは中国語でメイグォと発音し『アメリカ』の意味です。(Threeは香港が販売に絡んでるので。中国人旅行者向けのを日本のAmazonを販路として日本人向けに販売しているのでしょう)

で、この美国USAのthree sim、ざっと特徴を述べますと

  • 価格:1450円
  • 容量:8GB
  • コスパ:180円/GBあたり
  • テザリング:OK
  • 日数:30日使用可能
  • 通話:100分付き
  • 評価:星4.1(105票)
  • リンク:Amazon口コミ

となっています。はっきりいって、どないなっとんねん級のコスパです。テザリングやYoutubeも見たいしぃ~(容量多い方が良い)、という方は私のレビュー記事のThree欧州版を無視し、こちらにした方がよいかもしれません。。

 

こちらも含め、リンク一覧を張り付けておきますので、旅行者みなさまの口コミなどを十分に参考にするようにしてください。

 

価格一覧
容量 価格 1GB当たり 可能日数 リンク
欧州版 1GB 990円 990円 30日間 Amazon
欧州版 3GB 1,740円 870円 90日間 Amazon
欧州版 12GB 4,900円 410円 360日間 Amazon
美国版 12GB 1,450円 181円 30日間 Amazon

 ※価格は短期間での微変化が見られます。 

 

LIPPER
それではEnjoy USA sim travel♪

 

 

検索

-TRAVEL・海外ネタ

Copyright© リーマンパッカー空をとぶ , 2019 All Rights Reserved.