TRAVEL・海外ネタ

インドラダックからパンゴンツォ(パンゴン湖)行くなら、ヌブラ渓谷とのセットツアーが価格がお得!

更新日:

こんにちは、LIPPERです。ラダック地方ツアーのお得技情報です。

2019年7月にインド北方のラダックを訪れました。

パンゴンツォ(パンゴン湖)はこのラダック地方への旅のハイライトの位置づけとして多くの方が行先に検討していると思いますが、もう一つヌブラ渓谷、という地域もあります。

事前に本やネットでは情報が出てこなかったのですが、いざレー現地に入ってみると、こんな抱き合わせコースがあったので

  • その値段は?
  • 日程は?
  • どこでツアーを手配した?

このあたり共有していきます。

 

さきにざっくりこの記事の主張を述べてしまうと、

LIPPER
パンゴン湖(1泊2日)と、ヌブラ渓谷(1泊2日)の2つをツアー組みするより、2泊3日っで回った方がお得やで!

となります。

 

記事後半には日記的に写真もupしておきます。

 

ヌブラ渓谷とは?

パンゴン湖のことは知っていても、ヌブラ渓谷?ん?ノーマークだな、、、という方、多いと思います。

私もタミオさんのブログを拝見し、知りました。(バイクで行かれている強者の旅人です。)

サクッと解説すると、パキスタンのフンザ地域に風の谷のナウシカの世界観っぽいわー、という地域が広がっているようですが、

tamioさんいわく、『両方行ったけど、インド ヌブラ渓谷の方がむしろすげーわ』とのことです。

レーでバイク(ロイヤルエンフィールド)を借りて、相方と二人乗り3泊4日で行ってきました。 谷が奥に深いので3~4泊すると余裕をもって楽しめると思います。 パキスタンのフンザと両方に行ってきた感想ですが、ここ(ヌブラ)こそ風の谷なんじゃ ...http://www.tamioonews.com/news/?p=4699

 

なので、ざっくり

旅人F
どーも、風の谷のナウシカっぽい広大な渓谷がひろがっとるんやな

と理解しておけばOKと思います。

 

 

パンゴン湖とヌブラ渓谷の位置関係は?

レーを拠点に考えると、ざっくり

  • パンゴン湖・・・レーから150kmくらい。所要時間5~6時間
  • ヌブラ渓谷・・・レーから150kmくらい。所要時間5~6時間

と考えておけばOKです。(山道でわりと悪路なので、時間がかかる!)

ただ、その方面って、レーからみると反対方向なんですよね。

▼ヌブラ→パンゴン

なので、上記時間から考えるとすごい遠いんじゃないの?と思いドライバーに確認したところ5-6時間だよ、とのこと。

実はいちいちヌブラからパンゴンへの道のりは、レーに戻る必要がなく、2点をつなぐ道路があります。

セット販売されるのも納得です。

 

私の手配した旅行代理店・料金体系

私が旅行を手配したのは、Acient Trucksです。場所は下記の当り。

(Google map上みつからないので、近くのカフェ『coffee culture』をポイント。この交差点に行けば必ずわかります)

この交差点は5つ6つと代理店が集中しており旅人が行き来しております。

実際には少しはずれにあるadventure travelという代理店ともやり取りしていましたが(ILPの取得)、実際にはこちらAcientTrucksの方がどんどん人数が集まり、抱き合わせでのILP申請(1人だと高い)やツアーを組んだりというのが容易でした。

立地がよいので、旅行者がどんどんくる。結果、複数名ツアーが組みやすい。ということです。

やはりこのような地域での商売も立地が一番大事ですね。

 

パンゴンツォ、ヌブラ2泊3日の料金

さて、料金体系です。

ILP・・・700rs

車代・・・約2万rs

私の場合、レー到着日の翌日にすでに3名集まっていました。(土曜レー着、日曜発)私をいれれば4名ですので、その場でサクっと申し込みました。

4名だったので、車代は5000rs/人となります。

その上で、さらに現地を含め、下記がかかった費用でした。

ILP・・・700rs

車・・・5000rs

宿ヌブラ・・・500rs

宿パンゴン・・・730rs

 

合計概ね7000rsとなります。

宿ヌブラには晩飯が含まれておらず、220rs近場のご飯屋さんで使ったり(朝食は無料だった)、宿パンゴンで夜朝のごはんはついていたけど、ビールを頼んだり、ラクダにのったり、、、とちょこちょこお金を使いました。ざっと1000rsくらいでしょうか。

従いまして、総費用は約8000rsとなりました。1rs=1.6yen計算すると、約13000円ほどです。2泊3日、かなり長距離の移動、宿代、など含めてこの値段ですからインドはやはり物価の安い国ですね。

日程・スケジュール

ざっくりこんな感じです。

1日目 ヌブラ渓谷へ

  1. 8:30 Acient Trucks集合
  2. 9:00 出発
  3. 途中、カルンドゥラ、や、昼食、砂場のATV場所、ゴンパ、ラクダ乗り場などによる。
  4. 17:00 皆でホテルさがし。(※ホテルは1部屋1500rsのところが多かったです。)

たしか20時頃夕飯を食べました。ホテルがフンダルになるか、ディスキットになるか、ツアーメンバーで決めてしまえばよいと思います。

ディスキット→ゴンパがある、フンダル→ラクダ乗り場がある、という感じで村の規模はどちらも小さすぎてどちらでもよいと思います。

2日目 パンゴンツォへ

 

  1. 8:30 ヌブラ出発(我々はフンダルの村の宿に泊まった)
  2. 以降、昼食やら、各所でちょこちょこ泊まりつつ
  3. 15:00 パンゴン湖到着~宿探し~パンゴン遊び(ただおっただけ)
  4. 夜 夜空を見たり

という流れだったと思います。パンゴンではまず宿探しをし、

その後歩いて湖までいってほとりでわけもなく過ごしました。

3日目

  1. 9:00 宿発、今一度パンゴン湖界隈で遊ぶ
  2. 10::00 レーへ
  3. 途中、昼食やら、チャンラ(チャン峠)などに寄り、
  4. 17:00 レー到着

こんな流れでした。

 

▼帰路のチャン・ラ

 

まとめ|パンゴンだけじゃなく、ヌブラとセットで行こう!

パンゴン・ヌブラ、は別々に手配すると

  • 1泊2日*2回 (合計4日間)
  • 費用もそれなり

にかかると思います。

2泊3日で行ってしまえば時間的にもお金的にも節約できると思いました。

ネットのブログなどではパンゴン湖のみに1泊2日でいった方の情報が多いのですが、いざ現地に行ってみると実際2泊3日の方がむしろメジャー?的なのりでしたので情報共有したかったわけです。

 

是非みなさんもヌブラ渓谷&パンゴン湖のセットツアーに参加してみてください。

 

ヌブラとパンゴンの写真集*日記

主な情報は以上となりますが、個人的な日記しゃ写真などもupしておきます。

1日目 レー→ヌブラ

くるま。マヒンドラというインドの自動車会社。そんなん聞いたことねーわ!大丈夫か!

という感じでしたが、意外と足回りも強く、未舗装の峠道もグイグイ上ってくれました。(クソがたがた道なので注意!車酔いになります!)

レー近辺は、車はほぼマヒンドラ。トヨタのランクルなどはいっさい見掛けず。

レーを出ると、あっというま、10分ほどでかなり景色が良くなります。

 

旅メンバー:インド*2、コロンビア*1。濃い。顔が濃すぎる。

カルンドゥ・ラ。5600m。世界一高いカフェ、とか書いてあります。

寒かったです。高山病で気持ち悪くなる、とかは私はありませんでした。

簡易な医療場などあります。

道は基本悪路

道は、峠を登ってくので、

  • 基本くねくね
  • もしくは、舗装されてないのでガタガタ

でした。脳天揺さぶられます。

気持ち悪くなると思いますので、必ず酔い止めを持参しましょう

私はこの手の観光地は必ず酔い止めアネロン(→Amazon)を持参。

 

ヌブラ界隈こんなところもatv

移動がガタガタなので、私は基本的に寝てました。

景色はすごく良いのですが、最初の1時間で飽きてきますので、昼食やヌブラ到着までは基本ぐーぐー。。

 

ヌブラ界隈につくと、こんなアクティビティが。たしか500rsか1000rsだったと思います。忘れました。

砂場が広がる一帯をぐるっとATVバギーで一周。

やりませんでした。やっても良かったけど。

 

ディスキットゴンパ

大仏です。

宗教寺院の類には私は興味はありません。

景色は渓谷を感じられて良い感じです。

 

 

らくだライディング@フンダル

ラクダ300Rsでした。

のりました。すごいひさしぶり。エジプトぶり?

渓谷をバックに優雅にのります。

とはいえクサイ。

 

らくだくさい。

きほんくさい。

 

あかちゃんまん発見@フンダルお宿

宿は決められておらず、自分たちで探してました。

とはいえ私はこだわりなかったので、他3名に任せてました。相場はどこも1部屋1500Rsのところがおおかったです。

結局1000Rsの宿を探したようで、1名500Rsに落ち着きました。

 

そんなフンダルのお宿で、あかちゃんまんを発見!

 

ほっぺたがぷにぷにすぎる

現地人に朝晩あかちゃんまんという言葉を30回ずつぐらい仕込んできました。

このこもいつか飛んでいくんだと思います。

 

2日目 ヌブラ→パンゴン

はい、2日目。あかちゃんまんを後に、パンゴンへ向かいます。

車内、基本寝ます。

途中の牧歌的光景。

 

 

 

パンゴン湖 めっっちゃあおい!

パンゴン湖はめっちゃ青かったです。

自分旅史上BEST5くらいに入るくらいの絶景ですね。

 

パンゴン湖についてからはホテルを決めてしまえば(飯込々、4名部屋、一人730rsでした)やることはなにもありません。

ひたすら湖のほとりで過ごすべしです。

テントをたてたり決めポーズをとったりしました。

 

夜空の星は絶景!

夜にも湖のほとりへ出たのですが、星空が絶景でした!

ミルキーウェイがめちゃくちゃくっきりみえました。

私はスマホカメラ派なので写真はありませんが、良いカメラでシャッタースピード落として撮影できる方なんかに是非訪れてほしいと思いました。

 

パンゴンツォ、こんな遊びも

写真スポットや、馬に乗ったり100rs、ヤクにのったり100rsもあります。私は両方のりました。

翌朝みなで立ち寄ったスポットです。

パンゴンツォの思い出の一コマになりました。

 

最後にパンゴン→レーへ戻る際に通る、チャン・ラ(チャン峠、5300m)の1枚でしめくくりたいと思います。

みなさんも良い旅を!

 

ラダック関連記事

Love trekking?

2泊3日でトレッキングしてきました。3500m→4900mまで登山。死んだ。。

値段や、コース、実際の風景や宿の様子などを紹介。

関連記事
ラダックでトレッキングをしたよ。価格、コース、所要時間などを紹介!

ラダックでトレッキングを検討中の方へ。2019年7月にしてきましたので、 どんなコース? かかる時間は? 料金は? どこで手配した? 実際の風景は? トレッキング中のごはんはどうした? こんなところを ...

続きを見る

 

Need sim in Ladakh?

ラダックではsim2flyなどが使えません。現地simを買った話。

価格や買える場所、注意点などなど。

関連記事
ラダック、レーでsimカードを買える場所や注意点を解説!

ラダック地方ではAISのsim2flyなどが使えませんので、現地レーでsimカード(airtelのsim)を購入しました。 購入場所はさることながら、この記事では特に注意点を述べたいと思います。 旅行 ...

続きを見る

 

ラダック旅もちもの

【MUST!】酔い止め薬アネロン

長時間移動+悪路、のツアーになります。

必ずもっていきましょう。

リンク:Amazon

 

 

【WANT】simカード

インドで8日間4GB使えるsimカードsim2fly。あいにくラダック地方はパキスタンとの軍事的要因で使えませんが、途中のデリー空港やその町では使えます。

もっておくとツイッターやLINEができて便利です。

リンク:Amazon 

 

【want】ラダックガイド本

私はこちらを持参しました。レストランやレーの宿、文化、宗教、のみならず、トレッキングルートも複数掲載されています

ルート設定の際に参考になるでしょう。

リンク:Amazon

検索

-TRAVEL・海外ネタ

Copyright© リーマンパッカー空をとぶ , 2019 All Rights Reserved.