おしらせ

2018年10月27日ブログを、『はてなブログ』より『ワードプレス』へ引越中の為、一部ブログのデザインが崩れております。
読みづらく大変申し訳ございません( ;∀;)

TRAVEL・海外ネタ

安い韓国ソウル/プサン向けsimカードを3つおすすめするよ。amazonで事前購入可能なsimまとめ【比較表あり】(チェジュ島も)

更新日:

韓国のソウルや釜山(プサン)へ行く方へ。日本で買えるsimカードをお探しですか?

この記事では旅行前に事前に日本でamazonで買えて、韓国のソウルやプサンで使えるsimカードをまとめていきます。

また別記事で実際使ってみたレビューも書いておりますので詳細が気になる方はそちらも参考にしてみてください。

関連記事
【買ってみた!】韓国の安いsim、Threeがかなり使えたのでおすすめしたい。

three sim韓国版の購入を検討している方へ。 今回Three Sim韓国版を事前購入し現地で使ってみたのでレビュー・感想をしていきたいと思います。 大前提にあなたが海外へもっていくスマホがsim ...

続きを見る

 

さてここ数年の私の海外旅行で行きますと、simカードはmustアイテムとなっておりまして、旅先の現地で購入したり↓

関連記事
【バリ島】SIMカード情報、初めて海外でSIMカードを購入したがとても便利だった件

この記事では、バリ島現地でsimカードを買った様子や、どこで買ったか、また何ができたかなどなど体験談や感想などを記していきます。行ったのは2016年の8月です。 こちらもおすすめ Amazon上でバリ ...

続きを見る

事前に日本でAmazonで購入したりしています↓

関連記事
台湾simカードはFarestone(遠傳電信)が最強のおすすめ1枚だよ!安い・早い・容量無制限!〜レンタカー旅で振り返るsimレビュー記事〜

この記事では前回台湾simカードについてまとめた中の一つ、FarEasToneを使ってみたレビューをしていきます。2018年の台湾レンタカー旅を主軸として書きます。   大前提にあなたが海外 ...

続きを見る

韓国においても日本で事前に買える安いsimカードが充実してきております。

韓国のソウル・プサンのその他地域に今後行かれる方に役立つかな?と思いここにまとめておこうと思いますのでご参照ください。

記事内ではそれぞれ特徴を紹介し、その後比較表を用いながらまとめてみたいと思います。(てっとり早く、という方は目次内まとめへとんでみてください)

大前提にあなたが海外へもっていくスマホがsimフリースマホである必要があります。『simフリースマホって何?』という方は下記記事をご参考ください。

関連記事
simフリースマホとは?簡単に説明してみる!海外で自分の携帯を使うために。

simフリースマホって何?という方へ。 海外旅行で自分のスマホを使いたい場合、大前提としてsimフリースマホである必要があります。 私はこのブログで海外で使えるsimカードをいくつか紹介していますが、 ...

続きを見る

 

何故事前に購入することをおすすめするのか

当ブログでは、以前旅行でsimを利用した際のことを記事にしておりますが、幾度かの経験から事前に日本で買うことを断然お勧めしています。何故って理由は単純明快で、

  • 現地での時間がもったいないから。そして
  • 別に現地で買ってもamazonより安くなるわけではないから。

です。

ネット情報では、現地の空港でのSIMカードが紹介されていますが、ぶっちゃけamazonの方が安いです。

ソウル、インチョン空港のsim価格。約3000円~。 公式 http://www.linkkorea.co.kr/k-sim/

 

また、何度か渡航先の現地で購入した経験上、購入〜開通まで15分で終わる、とかいうことまずないです。

  • 販売所探したり、
  • 並んだり、
  • 店員とやりとりしたり、
  • スマホに入れて設定したり

すると普通に、通算1時間2時間すぐにすぎます。→バリ島奮闘の様子

私はバリ島の例でいくと、販売所探しから、価格調査、購入、設定なんかで思い返せば3時間以上費やしました。

そして時には最悪開通させられないなんてこともあります。→ドイツ、ミュンヘンで経験(涙)

それ以来もう事前に必死に現地simの情報収集したり現地で探して買うのやめております。

 

f:id:lehmanpacker:20170803183827p:plain

事前にamazonで買ったりすれば

  • 口コミは読めるし、届いたあと
  • 説明書も確認できるし、現地の空港へ
  • 到着した瞬間つながるので

本当にストレスフリーでおすすめです。

韓国ソウル、プサン、の安いsimカード。重要なのは2つ。

タイトルを3選としていますが、覚えればよいのはたった2つです。何故2つだけ覚えればよいかは後述しますが、2つ覚えておけば十分です。結論から言えばAISのsim2flyとThreeのsimです。

以降読み進める上ではその2つに着目してみてください。

 

以降価格やテザリングなど、それぞれ特徴を書いていきたいと思います。

それでは早速3選、行ってみましょう。(情報は全て2018年11月時点でございます)
まずはアジア旅行者に人気のAISから

その1)AISのSim2fly

f:id:lehmanpacker:20171203223343p:plain

Sim2fly 特徴
項目 内容
価格 1,400円
容量 4GB (到達後、速度128kbpsの通信可)
1GBあたり 350円
テザリング
サイズ 標準、micro、nano(付属アダプターで可変)
購入先 Amazon
Amazon口コミ 星4.3 (2018.11月時点)
使用可能日数 8日間
特徴・その他 アジアで人気のsim!

※価格は短期間の間に微変化が見られます。

アジア旅行者には言わずと知れたAISのSim2fly。AIS社はタイ国内でのNo.1キャリア、日本のドコモを想像すればそれに近しいです。このsimはアジアの複数ヵ国をカバーしており、アジア旅行者にはすっかり有名なsimです。

そんなSim2flyのアジア版(※)、対象国にはばっちり韓国も含みます。

(※ヨーロッパ版もあります。)

Sim2flyの強み

Sim2flyの強みはいくつかありますがまずテザリングが可能です。

そして、4GB容量使い切りの終了後でも低速通信してくれることです(128kbps)。もし使い切ってしまったあとでもLINEのテキストくらいなら耐えうる通信速度ですので、非常にユーザビリティが高いsimカードではないでしょうか。

また、対象ヵ国の中に日本も含まれており、日本で出発前に開通状況が確認できます(ソフトバンクへ繋がります)。APN設定などが苦手な方、もしくは心配性な方には心強い要素でしょう。

信頼度は?

amazon口コミで星4.3。

4点以上というところがすばらしい評価ですね。口コミ数も300件以上。

この4点以上という点数、Amazon上でなかなかない商品ではないでしょうか。

実はこのSIM2FLY、アジア 周遊 SIMなどとググると、Amazonでいのいちにあがってくるアジアのベストセラーのsimカードなのです。みなさんの利用実績、口コミ点数からまず問題ないsimカードだと考えてよいでしょう。

こちら、Amazonのみならず、楽天やYahooショッピングも買えます。販路の多さも1つの強味と言えるでしょう。

 

続いて同様にアジアに強いsimカードの紹介です。 とその前に一つコラムを挟んでみましょう。

コラム1:海外旅行でどれくらいの容量使うの?

海外旅行用のsimカードを選んでいて、はじめによくわからないのはいったいどれくらいの容量のものを買えば良いのか、ということではないでしょうか。私もはじめて海外simを使う際、ヨーロッパへ旅行前に非常に迷いました。

1週間程度の旅行で、GoogleMapをナビとして使うのみ、と限定するのであれば500MB程度で十分でしょう。ただ正直スマホわざわざ持って行ってGoogleMapのみの使用、という人もいないですよね(^_^;)

みなLINEで現地写真などを知り合いなんかにおくったりするんじゃないでしょうか。私の経験上(過去記事:ヨーロッパを1週間レンタカーで駆け巡った旅)では節約は必要でしたが1週間で1GBでなんとかなりました。

この記事で紹介しているsimカード3選は 3GB~4GB。1週間程度の旅行にはどちらも十分な容量。差が1GBありますが、そこはあまり正直気にしなくてよいでしょう。私は3GB容量のThreeを買っていきましたが、帰国までに1GB強の使用。結局かなり余りました。※土曜~月曜の週末旅行での利用です。

ちなみに、Youtubeなど動画の閲覧はぐいぐい容量を使用するので現地での利用は注意しましょう。(見すぎに注意する、使うなら画質を落として見る、など)

その2)TRUE MOVEのTRAVEL SIM ASIA

f:id:lehmanpacker:20171212234117j:plain

TRAVEL SIM ASIA 特徴
項目 内容
価格 1,420円
容量 4GB
1GBあたり 約400円
テザリング
サイズ 標準、micro、nano(付属アダプターで可変)
購入先 Amazon
Amazon口コミ 星3.1
使用可能日数 8日間
特徴・その他 こちらも同様、アジア周遊系。

TRUE MOVE社もこれまたタイの通信業者です。基本的にAISのSim2flyと非常に似通っていて、アジアの複数ヵ国での利用が可能で、同様にフィリピンを含みます。

Amazon上ではこちらが後発でしたが、順次利用者も増えており口コミなどしっかり確認することができます。

TRAVEL SIM ASIAの強み

こちらも前述Sim2flyつと同様、容量使用後の128kbpsの低速通信が可能です。また、Sim2fly同様日本も対象ヵ国となっており、通信確認してからの出発が可能です。こちらはドコモに繋がります。

また、楽天での購入も可能です。(YahooショッピングはNG)

信頼度は?

amazon口コミで星3.1。

3点以上であれば問題なく使えると考えて良いでしょう。

ただ、一つ前のAIS Sim2flyが4点台をはたきだしている事を考えると、わざわざTRAVEL SIM ASIAを選ぶ必要もないかな?とも考えれます。この口コミ点数の差こそが私が冒頭で覚えるのは2つで良い、と言った理由です。

すなわち、同じ価格・同じ機能であれば、口コミが良いAISのSim2Flyを買えばよいわけで、TRAVEL SIM ASIAを購入の候補に入れる必要がないわけです。アジア周遊系を買うならAISで良いでしょう。

 

 

さて、次のsim紹介の前にもう1つコラムです。韓国通信状況ネタ。

コラム2:韓国内の通信状況はどんな感じ?

*韓国での通信環境は? 

※2018年11月情報

韓国が通信大国ということをご存知でしょうか。実は韓国のインターネット普及率は日本を上回っているといわれています。
そんな諸情報を従え、期待しながら韓国へ行ってみました。私は先日本記事その3で紹介するThreeSimを購入していったのですが、現地空港につくやいなや、バッチリ電波をキャッチしました。
そしてその速度は下り3.5Mbps、上り7Mbpsほど
Youtubeをみてもサクサクなスピードです。(Youtubeは通信量を気にしてほとんど見てないですが(^^;))
の、ツイートを現地から↓


この後、プサンのあちこちの観光地に訪れる度に通信速度を計測していますが、どこも下りで3Mbpsを下回ったことはありません。
やはり韓国は通信大国でした。

※Mbpsって何?な人へ → ネット回線の速度の単位です。1Mbpsあればネットはサクサクみれます。3Mbpsは十分な数値です。

その3)Three sim、韓国版

Three sim韓国版 特徴
項目 内容
価格 890円
容量 3GB
1GBあたり 約300円
テザリング
サイズ 標準、micro、nano(付属アダプターで可変)
購入先 Amazon
Amazon口コミ 星4.1 (2018.11月時点)
使用可能日数 6日間
特徴・その他 その他、ヨーロッパ版あり
詳細はこちら: Amazon

※価格は短期間に微変動がみられます。

Amazon上で『韓国 simカード』とたたくと目にするこちら。実はThreeはイギリスの会社です。Threeのsimはヨーロッパ旅行者にはヨーロッパの各国で使えるsimカードとして有名です。私も別記事でまとめています(→別記事はこちら

そんなThreeがなぜか韓国専用版を出しているみたいですね。

今回韓国旅行を検討中の方、今後ヨーロッパに行くことがあるかもしれない方は、このThreeのsimカードの存在は覚えておいて損はないでしょう。

Three sim(韓国版)の強み

Three sim(韓国版)、テザリングが可能です。また、3GB終了後でも128kbpsで低速通信してくれます。もう1つ。前述の2つのsimと違うのはAISやtravel-sim-asiaが1500円前後なのに対しこちらは1000円以下です。私の購入は890円でした。(※価格は短期間に微変動がみられます。)
テザリング可・終了後低速通信あり、比較して機能が同じなら安い方が良いに決まってますね。

あとは口コミ等とのバランスを見て決めたいところでしょうか。

 

リンク: Amazon

信頼度は?

Amazon口コミでは星4.1

口コミ数も本記事執筆時点2018年11月時点で100票以上と信頼感のあるものとなっています。

前述2つのアジア周遊型のsimと違って韓国専用なので口コミも韓国縛りで確認しやすいです。

 

購入はamazon、楽天、Yahooで可能ですが楽天だけ少し高いので楽天で買わない方が良いでしょう。

さて、3つのsimのまとめ!

のその前にコラムを1つだけ。結構重要ですのでゆっくり読んでいただきたい内容です。

【重要】コラム3:韓国ではGoogleMapが使えない!?

**GoogleMapのナビが使えません
海外旅行でwifiやsimカードを購入していく方は、現地で移動の際にGoogleMapを頻繁に利用するのではないでしょうか。しかしながら、韓国では著作権の関係なんでしょうか、GoogleMapおよびそのナビ機能が使えません。しかしご安心を。解決は簡単です。解決策は、カカオマップをダウンロードすることです。私は現地で急遽ダウンロードしました。カカオマップをダウンロードすればナビも使えますし、タクシーの運転手も『ここ行って』と示すことができます。
※カカオマップはカカオトーク(韓国版のLINEのようなもの)と同じ会社の提供してるアプリです。

**どう行先を検索する??
このカカオマップの使用感を記しておきますと、やはりアプリの検索窓へはハングルの入力がベースでしてた。(ハングルなんてスマホで打てないよね。。)私は観光地名などをググって、コピペして入れたりしてました。もしくはホテル名などは英語入力するときちんと検索結果として表示されたりしてました。ある程度英語検索へも対応している、と考えられそうです。

この辺はネット環境があればこの辺は何とでも対応できてしまいますね。

まとめ・比較表

3枚の比較表(ピンク塗りはGood point)
項目 Sim2fly TRA-Sim-A Three sim
価格 1,400円 1,420円 890円
容量 4GB 4GB 3GB
1GBあたり 約350円 約350円 約300円
テザリング
simサイズ 標準、micro、nano
(付属アダプターで可変)
リンク Amazon

楽天

Yahoo

Amazon

楽天

Yahooなし

Amazon

楽天

Yahoo

口コミ点数 星4.3 星3.1 星4.1
口コミリンク Amazon口コミ Amazon口コミ Amazon口コミ

上記のようになりました。正直2018年11月時点では、AISのSim2flyもしくはThree(韓国版)のいずれか、で良いでしょう。

 

管理人が選ぶならこれっ!

コレじゃ!

改めてになりますが、私が選んだのは Three sim(韓国版) です。

星4つ以上、口コミ数100票以上、テザリング可、安い、となれば正直AISを選ぶ理由もありません。韓国simは2018年時点ではThree1強と考えてしまってよいでしょう。

以上管理人LIPPERの選定でした。

最後に

最後に、各SIMの章では細くて書ききれなかった情報がたくさんあります。

情報を詰めすぎるとゴチャゴチャしてしまうため、だいぶ割愛しました。(各simカードのapn設定方法、賞味期限=購入ベストタイミング。etc ,,,)

また海外simカード市場は、価格の微改定があったり、口コミ数もぐんぐんのびたりと、ちょこちょこ変化もありまだまだ成熟してない市場です。

必ず下記リンクのamazonの商品説明欄やみなさんの口コミを十分参考にするようにしてください。

各simのAmazonリンク
種類 リンク
Three Sim (韓国版) Amazon
AIS Sim2fly Amazon
TRAVEL SIM ASIA Amazon

それではみなさん、韓国でもENJOY SIM LIFE♪

 

検索

-TRAVEL・海外ネタ

Copyright© リーマンパッカー空をとぶ , 2018 All Rights Reserved.