おしらせ

2018年10月27日ブログを、『はてなブログ』より『ワードプレス』へ引越中の為、一部ブログのデザインが崩れております。
読みづらく大変申し訳ございません( ;∀;)

TRAVEL・海外ネタ

【バリ島】レンボンガン島シュノーケル情報+旅日記2(2016年8月情報)

投稿日:

レンボンガン島へ旅行を考えている方へ!シュノーケルをやってきたので、その体験をシェアするぞ!

 

前回の記事はこちら

【バリ島】レンボンガン島の情報、アクセス、アクティビティ+旅日記1(2016年8月情報) - リーマンパッカー空をとぶ

レンボンガン島旅日記、文章に起こしてみると、意外と長文となった。1記事にまとめられず、標題、2日目を、本記事、単品で書いていきたい。

さて、このレンボンガン島を訪れる人の目的といえば、何と言っても、

バリ島よりも透明度の高い海

であろう。ダイビングをする人もいるかもしれないし、シュノーケルを楽しむ人もいるだろう。

前回続編の旅日記を始める前に、今回も、諸情報→おまけで旅日記、という形でまとめていきたい。

レンボンガン島で観れる大物は?

ダイビングをする人にとって、だが、潜る際に気になるのは、何が楽しめるの?だと思う。地形ダイブか、それともバラクーダの群れといった魚影か、それともジンベイザメといったレアキャラか。

f:id:lehmanpacker:20160906185035p:plain

出典:http://find-travel.jp/article/4343

例えば地形ダイブ。写真はサイパンのグロット。海の中、外洋から差し込む光が青く神秘的。

その観点でいえば、このレンボンガン島、ペニダ島界隈で発生するレアキャラで代表的なのは、マンボウ、マンタあたりだろう。

f:id:lehmanpacker:20160906185316p:plain

Diving in Bali, Use Local Dive Operator to Avoid Accident or Disaster

マンタ。英語では、モラモラという。昨年会社のダイビング好きのアメリカ人が、『バリで見た〜  イエイ v』と言っていた。今回はけっこう無計画に、綺麗な青い世界が覗ければよいかな、と力まずここに来た。まぁシュノーケルでちょっと海に浸かれればよいかな、と。

もし、マンボウ見たい!と熱望する人がいたら、ポイントや出没時間帯といった詳細情報は、今回あまり調べきっていないので、現地のダイブショップによく問い合わせてほしい。一応、日本語のダイブショップのリンクを2、3貼り付けておく。

リンク

バリ島最大級5スター店<バリインターダイブ>料金はバリ島最低価格帯/バリ島のダイビングポイント紹介 その�@

(↑バリを拠点としているよう。バリ泊のみの人は、こちらの方が良いかも)

バリ・レンボンガン・ダイブ | レンボンガン島にあるダイビングショップです。

(↑サイトが綺麗で見やすい。レンボンガンを拠点としているよう。レンボンガンになんとなく強そう)

レンボンガン島、シュノーケル・ダイビングのポイント

ポイントは、下記サイトからひっぱてきた図を見てほしい。ペニダもあわせて考えると結構な数がある。

ちなみに、ぼくは、《なんとなく、マンタ見ようかな・・》と考えていた。マンタポイントはペニダの南に位置している。

f:id:lehmanpacker:20160905214249p:plain

出典:Dive Sites of Nusa Lembongan and Penida Bali

==前提:2016年8月の情報。レートは約10000rp=80円。(←0を二つとって八掛け)==

レンボンガン島のダイビングやシュノーケルの価格は?

ダイビングや、シュノーケルといったアクティビティーの場合は、サイトに料金表示がきちんと載せてある。事前に相場をつかみ、価格交渉うんぬん、、、といった思考は不要だろう。

従って、小見出し、相場、と書いたが、もし安さを追求するならば、ダイビングショップやアクティビティー会社のサイトをこまめに覗いていくしかない。

ちなみに、ぼくはホテルでシュノーケルを頼んだ。その情報はこちら。

f:id:lehmanpacker:20160906191806p:plain

Dream Beach Express - The speed boat from Sanur to Lembongan Island

CRYSTAL BAYを含むポイントで、35万rpだった。約2800円。
MANTA POINTは40万rp。3200円。

前回でも記載したが、
レンボンガンでのアクティビティー&スピードボートの渡航、をセットとしたツアーをバリのクタ界隈でもいくらでもtourist informationで申し込めそうだった。値段をそちらで確認しつつ、活用するのもひとつ手だと思う。

(おそらく日本語サイト記載額よりは、お得かと。)

ということで、さほど深い情報も提供できなかったが、前回に引き続き、旅日記。レンボンガン2日目。

はいいきます、レンボンガン島旅日記 その2

レンボンガン2日目

この日はシュノーケルツアーを申し込んでいた。ポイントはいくつかあり、マンタのポイントを希望していた。指定された朝9時、にフロントへ向かうと、

『マンタはもっと早朝集合だよ。早朝でないと現れない』と言われた。

f:id:lehmanpacker:20160905214249p:plain

昨日、9時ってそちらが言ったんだけどね。と、軽くキレておき、ポイント変更し迎えをまつ。

ちなみにマンタポイントはペニダ島の下。実際に周るのは、無難なレンボンガン周りのポイントとなった。

早速迎えのトラックにのり、10分も経たないうちに到着したのは、名もないような漁村のようなところ。のどかな雰囲気が漂う。

f:id:lehmanpacker:20160906225146j:plain

のどか、といえばよいのか、小汚いといえばよいのか。

f:id:lehmanpacker:20160906225210j:plain こけこっこ。

THE漁民、なおじさんの、小さなボートに乗り込む。

f:id:lehmanpacker:20160906225439j:plain

f:id:lehmanpacker:20160906225656j:plain

海、きれい。 

向かったのは、クリスタルベイ。だが、、微妙に船酔いしてきた。

そういえば、初めてタイでダイビングライセンスを取得したときも、ぼくは結構船酔いしていた。(海面で何度も吐いたことも。。)

あのときは、ダイブショップが酔い止め薬をくれ、それを飲んだダイビングは見事に船酔い無しでダイブできたが、今回はそんな気が利いたものなかった。

頑張れ、、、ぼく、、、

何のためにレンボンガンまでやってきたのだ。。。

クリスタルベイに到着。

力を振り絞り、フィン・シュノーケル・ライフジャケットを装着し、海に飛び込む。

どぼんっ

f:id:lehmanpacker:20160906230032j:plain

海の中。青が濃くてきれい。

f:id:lehmanpacker:20160906230111j:plain

魚はたくさんいた。モンガラとか、ニモとか。
いかんせんライフジャケットのせいで深く沈めず、遠目にしか撮影できないのがもどかしかった。

海がうねっており、水面でぷかぷか浮いているだけで酔いが増してくる。

う、船から離れてはいけない、力尽きて戻れなくなる、、、

との意識の中、船から離れないよう距離を縮めつつ、スノーケルをする。

しかし、ほどよいところで、切り上げ。10分ほどだったろうか、あまり水中に、長居せずに船に上がりこむ。

船長に、『もーだめ、キモチワルイ』のジェスチャーをするとともに、船内のベンチに横たわる。

船長は、横になって、と心配そうな顔をしながら、次のポイントへと向かった。

ブーーーーン

エンジン音がかすかに聞こえる中、横になると少しだけ船酔いが引いてきた。

次のポイントも少しは泳げるかな、、、。

『ガマットだよー』

ゆるゆる系の船長が、到着をつげる。

また、頑張って、

どぼんっ

f:id:lehmanpacker:20160906230128j:plain 太陽に照らされた、サンゴ、パシャり。見返してみるとこれがベストショットだった。

クリスタルベイにしろ、ガマットにしろ、複数の船が停滞していた。

2回目のシュノーケルは、1回目よりもさらに短くすぐにあがった。

そして、すぐに横に。

船長、あらら、大丈夫か、という顔をしつつ、すぐに次のポイントへ、と舵をきる。

ボボボボボボボボボ

f:id:lehmanpacker:20160906235019j:plain

エンジン音の中、横たわり、船酔いの悪化を避ける。

これで終わりかな、と思っていたところ、また停止。

『何?』

『ブッダポイントだよー』

頭の中に入っていなかったが、コース上に、ブッダの沈んだポイントも入っていたようだ。どこかで写真でみたポイントだ。

『non,non、 もういい、 戻 っ て 、 、 、』

3度目は、なんと、シュノーケルを断った。

力尽きたぼくの代わりにgoogle先生の力で、その水面下を

f:id:lehmanpacker:20160906233306p:plain

Nusa Lembongan: A Gorgeous Island You Must Visit When In Bali | Trip101 

知らなかったがこんなに複数の像が沈んでいたとは。

f:id:lehmanpacker:20160906233312p:plain

Buddha Statue Under Water- Nusa Lembongan-Indonesia - YouTube

なんともったいないことを、結構神秘的な光景じゃないか、、、

ボボボボ

船は出発した港へと戻っていく。船酔いかながら、なんとかホテルまで戻ってきた。

ぼくはすべての思考を停止し、島を発つ時間(16時)まで、プールサイドでゴロゴロと、体力の回復を図ったのであった。

f:id:lehmanpacker:20160906233819j:plain

さて、レンボンガン島でのシュノーケル、水中写真の通り、水質自体はとてもよく、青も濃くとてもきれいであった。

船酔いもなく、万全な状態で臨めれば、大変楽しめただろう。

(ライフジャケットがもどかしいので、ダイビングライセンス持っている人は、ダイビングの方がよいかも)

ぼく個人の教訓としては、海遊びの旅をするときは、必ず酔い止め薬を持参しよう、ということだった。(自分に固く誓った、、、!)

(サーフィン挑戦時も波酔い、、、の記事はコチラ↓

【バリ島】クタビーチでのサーフィン情報。レンタルボードやレッスンの値段など。(2016年8月情報) - Lehmanpacker’s diary

船酔いする体質、しない体質に関わらず、みなさんにもその点、是非お勧めしたいと思う。

レンボンガン島日記、完。

参考1

関連記事、レンボンガン島1日目

【バリ島】レンボンガン島泊はHOTEL DREAM BEACH HUTSが最高!島の観光情報、アクセス方法や旅日記も。(2016年8月情報) - Lehmanpacker’s diary

参考2 持参グッズ

持参したスマホ用防水ケース。水深40mまでとのスペック、また口コミの良さから購入してみた。
ちなみに、スマホは SONY EXPERIA Z4 を使用。

参考3

アマゾン、バリ島のガイド本あれこれ検索結果(amazonサイトにとびます↓)

www.amazon.co.jp

      

検索

-TRAVEL・海外ネタ

Copyright© リーマンパッカー空をとぶ , 2018 All Rights Reserved.