おしらせ

2018年10月27日ブログを、『はてなブログ』より『ワードプレス』へ引越中の為、一部ブログのデザインが崩れております。
読みづらく大変申し訳ございません( ;∀;)

TRAVEL・海外ネタ

ボラカイ島のアクティビティ。スタンドアップパドルサーフィンをやったよ【ボラカイ徒然#3】

投稿日:

f:id:lehmanpacker:20170208190403j:plain

※現地人です。

 

前回記事↓

ボラカイの安宿紹介。や、ぷらぷら歩いた話【ボラカイ徒然#2】 - リーマンパッカー空をとぶ

 

 

はい、ボラカイ到着2日目です。

ボラカイでやろうやろうと決めていたことはスタンドアップパドルサーフィンでした。

 

スタンドアップパドルサーフィン??

f:id:lehmanpacker:20170216093209j:plain

スタンドアップパドル・サーフィン(Stand up paddle surfing)は、ウォータースポーツの一つ。略してSUPとも呼ばれる。サーフボードの上に立ち、波が形成する斜面を滑走したり、水面を漕いで移動する。
ハワイ語ではHoe he'e nalu。大きなサーフボードの上に立ち、オール(パドル)を使って漕ぐ乗り方を指す。

スタンドアップパドル・サーフィン - Wikipedia

 

なんか、日曜日の朝とかハワイ特集みたいなのでよく出てくるやつですね。

 

 

事前に参考にしていたのは、PARE-KOさんのブログ

http://pare-ko.com/whitebeach-boracay

美しい海の上をスイスイ滑るように進むSUPで遊ぶ人の姿は、ビーチから見ていても楽しそうに映ります。ちなみに、利用料金は30分300ペソ(2016年7月情報)。

海で遊んでいると、SUPに乗った人が近寄ってきて声をかけてくるので(値切ればもっと安くなるかも?!)交渉してみては?30分だけでも十分に楽しめる人気アクティビティなので、ぜひSUPを体験したことのない人はチャレンジしてみるのもいいかも。 

むしろあれこれやるんでなくて、これだけ毎日やろうかな、とも考えていたくらい。

 

 

 

ということで、早朝お散歩後、ビーチで客引きにわざと捕まりやってきたお話し。 

それでは今回も(読みづらいかもですが)時系列に沿って日記風にいきます。 

 

 

 

01)早朝のホワイトビーチ散歩

6:30起床。

酒も飲まずにさっさと寝たせいで早くに目が覚めます。

ドミトリー(相部屋)なので、そぉーっと、そぉーっと外へ繰り出します。

 

散歩しながら、朝飯をとりつつ、海グッズなどを揃えていきます。そんな朝のホワイトビーチの様子を写真で紹介していきます。

 

早朝ホワイトビーチ

f:id:lehmanpacker:20170208190340j:plain

ビーチで特訓をする謎の集団。

 

 

7イレブンでホットドッグ 

f:id:lehmanpacker:20170208190350j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208190352j:plain

 海外のコンビニはホットドッグとかこういったジュースを自分でつぐやつがあります。

(ちなみに欧州にはコンビニはない。コンビニあるのはアジア圏だけのイメージ)

 

 

おしゃれホテル

f:id:lehmanpacker:20170217201344j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208190332j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208190334j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208190335j:plain

シャレオツなホテルの、朝食バイキング。1000円くらい。

 

 

 

 

海グッズはそこらへんで商店や客引きが売っています。

f:id:lehmanpacker:20170217201246j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208195602j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208195601j:plain

 

SUP前に貴重品などを濡れない体制にせねば、ということで、急遽買った

・ウォータープルーフバッグ

・スマホケース

です。

 

客引きの値段はそのまま聞いてはいけません。交渉の結果は下記の通り。

 

スマホケース1000→200ペソ (450円くらい)
水バッグ  1500→300ペソ (700円くらい)

※1ペソ=2.3円(2017.01)

 

 

すごい値下げ幅です。

 

 

02)スタンドアップパドルサーフィン

さて、装備を揃えて、ビーチをぷらぷら散歩すれば、すぐに声をかけてくれます。

PARE-KOさんは30min300ペソ、

とのことでしたが、ぼくは40min200ペソという交渉でできました。

 

(1ペソ=2.3円 2017年1月)

 

早速海に繰り出します!

f:id:lehmanpacker:20170208190407j:plain

 

要領がわからないので、座りながらボートの様に漕ぎます。(これは簡単にできた。)

あぐらをかきながらパドリングして進んでいくのも、なんだかハワイアンになったような気分で、面白いです。

 

 

ホワイトビーチは、遠浅の海なので、しばし深くなるとこまで進みます。

十分に深くなってから立とうと試みると、、、

 

バッシャーン

 

立った瞬間グラグラして、すぐにこけます。

これは中々難しい。

 

 

立ってはグラつき、こけて水没。

もう一度ボードの上へ頑張って登り今一度体制を整えて、立つ。

 

 

そうこう繰り返しているうちに、最初の場所から、流されます。(沖にではなくて)

いかんいかんと、貸してくれた青年の方へ戻ります。(座ってボート漕ぎ)

 

そしてまた、立ってはグラつき、こけては水没。

 

初回やった40分という時間はあっというまに終了しました。

 

 

 

SUP初回は全くもって立ち漕ぎできませんでした!

次の日の挑戦へと続きます!

 

 

 

SUP感想

 

SUP、めちゃめちゃ疲れるということはないですが、中々難しいアクティビティでした。ダイビングやシュノーケルに飽きた、という人、もしくは何か目新しいアクティビティをやってみたい、という方、ボラカイでのアクティビティにいかがでしょうか。

 

値段も高くないしほどよいエクセサイズにはおすすめです。

 

 

 

海遊び、おすすめグッズ

最後に、今回現地調達したもので、海アクティビティに良かったグッズを紹介します。

 

 

ホテルに全ての荷物を置いて海へ出れればよいのですが、 実際には

・部屋の鍵や

・アクティビティ代に支払う少量紙幣

 

は携帯せねばならぬので、ぼくも旅中結構、あれどうしようこれどうしよう、と現地で悩んでました。

 

解決してくれたのはコチラたち。

 

 

防水バッグ

 

f:id:lehmanpacker:20170220065057p:plain

http://amzn.to/2lA2hoy

 

一つあると、Tシャツなどポイポイ入れられるので、便利です。

色々なサイズがあるので、検討してみてください。 

 

 

スマホの防水ケース

 

f:id:lehmanpacker:20170220065307p:plain

http://amzn.to/2lyN7zu

 

 

 鍵や少額紙幣を入れるもヨシ。

スマホを入れて写真を撮るもヨシのマストアイテムです。

 

 

 

双方、調べてみたら、amazonでも手に入るようで、1000円位からあって安かったです。

 

 

 

 

次回 ボラカイ徒然#4はこちら

www.lehmanpacker.net

 

前回 ボラカイ徒然#2はこちら

www.lehmanpacker.net

検索

-TRAVEL・海外ネタ

Copyright© リーマンパッカー空をとぶ , 2018 All Rights Reserved.