リーマンパッカー空をとぶ

サラリーマンの旅ノウハウ。   ※スマホ表示にトグルメニュー追加しました。

【蟹!蟹!蟹!】品川でシンガポールチリクラブを食べてきたのでレビューするよ。その値段は?お味は?

f:id:lehmanpacker:20170625221118j:plain

 

どうもLipperです。

ぼちぼち夏季のナス(ぼーなす)の季節ですね。

 

今回ナスも出たことだし、それをぶっこむべく品川のシンガポールチリクラブに行って来ました。お店の名前はSingapore Seafood Republic(シンガポール シーフードリパブリック 品川 )


早速レポートします。

 

 

 

チリクラブって?

f:id:lehmanpacker:20170625184233j:plain

f:id:lehmanpacker:20170625184256j:plain


チリクラブはシンガポールで有名な料理です。clubじゃないよ、crab(カニ)だよ。でっかいハサミが特徴的で、シンガポール旅行に行った女子とかは軒並み食べている様子。

 

 

 

場所・アクセス


場所は品川駅、高輪口から徒歩3分ほど。横断歩道渡ってすぐです。立地よし。

 

 

 

メニュー・値段

メニューは下記の通り。シンガポール料理(中国料理)とカニ。

f:id:lehmanpacker:20170625221630j:plain

f:id:lehmanpacker:20170625221643j:plain

 

 

値段に注目。

 

f:id:lehmanpacker:20170625221651j:plain

たっけー。サイズによりますが一万円弱は見ときましょう。

 

今回夏のナスをぶっこみにきたと言えど、メニューの金額を見ながら手が震えるます。ぷるぷる。

 

f:id:lehmanpacker:20170627074004p:plain

 

シンガポールで食べたら航空券代がかかるんや〜、


ここで一万円は安いんや〜、

 

と、5回くらい自己暗示にかけます。

自分を奮い立たせます。

 

ヨシキングサイズイッタロ。

 

悟りを開き入店します。

 

外観

こんな感じ。

f:id:lehmanpacker:20170625222439j:plain

f:id:lehmanpacker:20170625222459j:plain

日曜日のお昼1時というピーク時でしたが、待ち時間30分の掲示に対し20分かからずに入ることができました。

 

愛煙家のために喫煙所もありました。待合席もおっきいソファーが。これら、全体的に客思いな雰囲気が漂ってます。(受付の男性も、30分はかから無いと思いますよ、と親切丁寧な対応でした。ハゲてましたが。)

 

f:id:lehmanpacker:20170625222604j:plain

f:id:lehmanpacker:20170625222610j:plain

 

 

 

内装・客層

入口すぐにこんなのあります。

f:id:lehmanpacker:20170625222651j:plain

f:id:lehmanpacker:20170625222657j:plain

うまそうだっ!見せて誘う経営サイドの罠がぁっ!

 

ホールは3エリア

ホールはいくつかのエリアに別れています。百聞は一見にしかず。写真で見てみましょう。

 

BAR風のエリア

f:id:lehmanpacker:20170625222746j:plain


おしゃれ。

 

 

奥の間

f:id:lehmanpacker:20170625223624j:plain

f:id:lehmanpacker:20170625223644j:plain

 

セミオープンな間

f:id:lehmanpacker:20170625223631j:plain

こちらBARの間、奥の間の中間に位置します。ここでちょっと外っぽい雰囲気の中食べるのも気分良さそう。

 

 

また、途中厨房が覗けたり。

f:id:lehmanpacker:20170625223350j:plain

f:id:lehmanpacker:20170625223411j:plain


アジアーンな厨房風景。っていうか、中華~な厨房風景かな。どちらかというと。

 

ざっくり間取りはたぶんこんな感じ。

f:id:lehmanpacker:20170626183335p:plain

 

客層

お値段はそこそこな感じですが、客層がべらぼうにハイソな感じかと言えばそうでもありません。ふつう+ちょっとおしゃれな感じの人たちでした。社会人の若めなカップル、とか女子会(おかあさま方)とか、そんな感じです。あと外人は多かった。(外人オンリー、外人+日本人、の双方の組み合わせ含む。)

ウェーイな学生はいません。(値段も値段なので)

 

 

店内で非常にお客さんを見て感じたのが、

かなりテンションがあがっている

ということです。おそらくこれは、

 

・前から食べに来ようと思っていた、食べに来たかった

・実際に食べに来れた、やっと食べに来れた

 

という欲求と実態が今一致していようとしているテンションの高まり。ウキウキワクワク感。そういうものがみなにじみ出ていました。事実、ぼくもそんな高揚感を感じてました。

  


さて、悟りを開き着席したところで注文~実食です。

注文・ごはん

カニの適正サイズ

こちとら、さんざん自己暗示をかけすでに1万円級のカニを頼む気マンマンです。しかし、店員に

f:id:lehmanpacker:20170625221651j:plain

Mで2〜3人前、Lで3〜4人前って感じですよ。Mで良いですよお客さんは。えぇ。


と諭されます。(2名来店だった)

 

じゃ、お、おう、Mで?

 

とMを頼むことにしました。

 

チリクラブセットとカニ(g売り)の違い

メニューを眺める中で、よくわから無い点があり、店員におそわったので共有しときます。

ん?と思ったのは下記メニュー。

f:id:lehmanpacker:20170626183929j:plain

チリクラブセット(カニ+スープ+揚げパンor蒸しパン

 

これ何がちゃうんですか、と尋ねたところ、

・セットは爪一本+種々(スープ、揚げパン)

・カニはカニのみ。丸ごと一匹甲羅入り、gにより値段が違う、

とのことでした。

 

ぼくは、この店まで来てセットのチョイスはねーだろ、(さんざん自己暗示にもすでにかかっとるわい!)ということで丸ごと一匹にしました。

 

そのほか、角煮丼的なもの、サラダ、なんかも注文。あと、チリクラブのソースをつけて食べる揚げパンなんかも注文。

 

f:id:lehmanpacker:20170626183827j:plain

くぅ〜、まっぴるまっからの ルービー たまらんね〜!

 

 

f:id:lehmanpacker:20170626183834j:plain

グリーンサラダ。うまかった。来店の際は頼むべし。

 

f:id:lehmanpacker:20170626183853j:plain

ルーローファン、だったかな?中国料理特有の八角(五香粉)の香り。

 

サラダにしても角煮ご飯にしてもわりかし美味しい感じです。まぁ安くない店だからこれくらいのクオリティーは出して欲しいよね、うん出てるね、という感じです。

 

ちなみにカニは時間がかかるので、自動的にメインディッシュになります。全て食い終わってちょっと手持ち無沙汰な時間が発生するくらい。(たしか10分くらい待った)

 

カニのお味は?

ついに野郎がやってきました。きたな!食ってやる!

店員に紙製のエプロンやら、不思議な甲羅を砕くアイテムを渡されます。(ペンチみたいなやつ)

f:id:lehmanpacker:20170627074500j:plain

f:id:lehmanpacker:20170627074511j:plain

非常にテカテカしたソースがかかっております。カニもそうですが、このソースも揚げパンをつけたりして楽しむのです。

 

はい、第一投。あえて残しておいた角煮ご飯の白米と併せて食べます。

f:id:lehmanpacker:20170627074516j:plain

 

ファーストインプレッション

『辛っ』

辛かったです。非常に辛かった。ぼくは辛党で、辛いのには強いですが、そんなぼくでも【ひじょうに辛い】と感じました。ま、チリ、ですからね。

 

味を伝えるならば、、、エビチリのソースの味です(笑)それ以外伝える言葉がみつからんw

 

しばし白米を浸したり、ソースだけすくったりしてソースを楽しみます。

 

つづいて揚げパン

f:id:lehmanpacker:20170627074527j:plain

f:id:lehmanpacker:20170627075250j:plain

揚げパンもつけたり。揚げパンは重めのもっちりさ、ベーグルさながらの食感。

 

して徐々にカニへと触手をのばします。

 

f:id:lehmanpacker:20170627075333j:plain

f:id:lehmanpacker:20170627075337j:plain

カニの甲羅は非常に硬く。

 

渡されたペンチで格闘します。

 

全くふっとい殻ざんすね!

 

んぐぐぐぎぎいぎぃ、、バチンッ

 

殻も周りに飛び散ったりして、紙製エプロン渡された理由にも納得。これ飛び散るわ。

 

してやっとのころカニの身にたどり着き頬張ります。

 

 

 

うほー!

 

 

 

 

ファーストインプレッション

『蟹だわ。』

 

個人的にはこの3文字で終わりたいのですが、後世のためにもう少し描写します。

 

 

蟹の味はいわゆるぼくらが知っている蟹、の味です。特段、『この蟹の味は濃ゆいわぁ〜〜〜!』みたいなアハ体験in北海道みたいな感じもありません。オーソドックスな蟹の味です。

 

また、蟹の身はやはり巨大な爪の中のみにあり、少々食い応えに欠けます。(細い足も付いてくるけど、食べずらいし身は少ない)まぁ成人男性からしたら、二口三口レベルですからね。

 

やはりお正月とか、北陸旅行、みたいな時のめっちゃ蟹食ったった感は個人的には欲しいところでした。

 

味に関して、こんな書き方をしましたが、決して不満はありませんでした。何故なら行ってみたかったお店に行けた、という事実があったからです。店員の対応や、お店の雰囲気、賑やかな客層に囲まれながら、休日のお昼からビールを飲める時間はとても楽しい時間でしたし、良い体験でした。

 

 

 

感想まとめ

品川のシンガポールチリクラブ、首都圏では結構有名だと思います。何年か前から来たいなと思っていたんですが、やっとの実現となりました。

 

味としては上述の通り、ふつうの蟹で、これは明らかに今盛んに言われている
モノよりコト
を買いに来ているんだな、という印象でした。

 

そう、シンガポールチリクラブをあの品川のSingapore Seafood Republicに食べる、という体験を買いにね。自分としては全く悔いのない体験でした。

 

とはいえ、リピートするかと言えば、しません。一度やってみたかった体験は達成されましたので。

 

 

モノを買う、すなわち純粋に蟹が食べたいなら、楽天などで傷もの訳あり蟹、など買った方が良いと思います。そちらの方が蟹を純粋に楽しめますし、amazonにしても楽天にしても、口コミのレーティング(星の数)などである程度事前に品質も測れますので。

 

 

 

 

ダラダラ書いてしまいましたが、短くまとめると、

良い体験だったし、イベント的に行くのはアリ。純粋に蟹だけ食べたいならネット通販でおk

こんな感じです。

 

 

 

 

ご紹介

最後になります。本記事とは脱線しますが、こんな面白い人を紹介して終わりたいと思います。

 

カネコアキヒロさん

金子さんは放送作家出身の世界一周ブロガーです。放送作家がブログやっちゃうとこんなにユーモアに溢れる文章になっちゃうんだ、ととても感嘆してます。昼休みに同僚の旅人Fくんと彼のブログを読み漁り爆笑したこと多々あり。

 

 

今回食レポをするにあたって、そんな金子さんの文章テイストをお手本とさせていただきました。ぼくもユーモアに溢れる記事、書きたい。

 

www.xn--l8jrhw3k7a9o.com

 

 

上記リンクの焼肉レポートもとても面白いので、ぜひ読んでみてください。

 

 

それでは。