おしらせ

2018年10月27日ブログを、『はてなブログ』より『ワードプレス』へ引越中の為、一部ブログのデザインが崩れております。
読みづらく大変申し訳ございません( ;∀;)

OUTDOOR

【キャンプ】栃木県那須の遊び心溢れるおすすめキャンプ場、サンタヒルズに行ってきたので紹介。ロッヂの作りが最高!

投稿日:

f:id:lehmanpacker:20161205180239p:plain

那須といえば、那須高原やチーズケーキといったある程度ブランディングされたリゾート地。

 

この週末、こんなにもう寒くなったにもかかわらず、栃木県は那須エリアにキャンプ好きが集まって行ってきた。そのキャンプ場の作りがとても面白かったので、思わずシェア。

 

 

 

 サンタヒルズ

 向かった先のキャンプ場の名前は『サンタヒルズ』。クリスマスがコンセプトとして全体が作られている。(後程写真を交えていろいろ紹介)

 

本家サイトはこちら↓

サンタヒルズ|北関東栃木県那須郡のキャンプ場&コテージ

 f:id:lehmanpacker:20161204110707j:plain

かわゆいキャラクターがお出迎え。 

 

場所

 

場所は正確には、那珂川という地名に位置する。

この栃木県の県北エリア、首都圏からであれば、1.5〜2.5時間ほどであろうか。

 

余談だが、

グーグルマップを眺めていると、この界隈、那須、という名前がつく地名が多いことに気づく。

 

那須町、西那須野、那須塩原、那須烏山、、、

 一体どれが本当の那須なのーーー!!  |:3ミ

 

といいたくなるが、那須に人に聞いたところ、那須町onlyだよ、とのこと。

 

その他は、たいてい那須、というブランドにあやかっているようだ。

 

首都圏で言えば、

浦和、を含む駅名が目茶苦茶多いようなものか。(浦和出身の方いわく、浦和は文京地区として、ブランディングされている、とのこと。平成の大合併の際に、さいたま市に統合された際、地主の間で、地価が下がるとかなんとか、多少揉めたりしたそうだ。)

 

ということで、あれこれ書いてしまったが、場所としては、那須もとい、那珂川。

高速道路の最寄りICは、矢板。

 

 

 

お値段は?(複数人でロッヂ利用)

ちなみに、那須のキャンプ場をあちこち検索したが、那須のキャンプ場は総じて高い。地名がブランド化されており、ある程度人が集まる、というのが主な要因だろう。

キャンプ場のロッヂを借りれば、一棟2万円超え、というのが概ねの相場だ。

 

今回のサンタヒルズの利用したロッヂも、

基本料金2.2万円  (4名まで)

追加料金約4千円  (一人追加する毎に)

であった。

 

 

 

ロッヂ紹介

 

さて、このキャンプ場を紹介したかったのは、ロッヂの作りがとても面白かったから。

 本家サイトの写真を借りながら、解説してみる。

 今回借りたロッヂの名前は、『ファイヤープレイス』

 

早速間取りや内部を見ていこう。

 

間取り

f:id:lehmanpacker:20161205080404p:plain

形が面白いのは、八角形であること。

そしてなんと部屋中央に囲炉裏がある。部屋の中でも気にせず、炭などが焚けるのだ!

 

また、部屋の周りにベッドがあるので、お酒を飲んで疲れた瞬間から、離脱が可能である。

 

早速写真で見ていこう。

 

内部

f:id:lehmanpacker:20161205080529p:plain

部屋に入ってぱっと視界に入る光景。

 

f:id:lehmanpacker:20161205081021p:plain

部屋奥から、入り口方向に向かって、の視界。

 

中央囲炉裏で、そのまま炭火が炊けるわけだが、その上には、巨大な排気装置。サイト写真ではわかりづらいが、この吸気口、実際訪れてみると非常に巨大であった。

 

冬の寒い夜でも、仲間と炭火をみつめながら、掘りごたつでウイスキーを嗜む。

最高の瞬間だ。

 

 

ぼくは、2ヶ月ほど前、アウトドア仲間とキャンプの話をしながら、あれこれと各那須のキャンプ場のサイトを眺めていたが、この部屋を発見した瞬間、もう恋してしまった。

 

仲間にLINEでシェアると、

なんじゃこりゃーーー!

との反応。

 

f:id:lehmanpacker:20161205082033j:plain

当日の夜。炎、あったかい。 

 

と、取り急ぎこのファイヤープレイスの紹介は今回はここまでとし、各箇所の使い方やら、外のテラスやらは、キャンプ日記として、後日複数回に分けて、あげていきたいと思う。

 

 

 

その他情報

さて、このキャンプ場のその他のロッヂや、付帯施設も軽く紹介して締めくくろうと思う。

 

 カフェ

f:id:lehmanpacker:20161205081742j:plain

f:id:lehmanpacker:20161205081951j:plain

カフェが併設されていた。夜は、近所のマダムとおぼしきお姉様方が来ていました。

 

 

 

雑貨屋・ギャラリー

f:id:lehmanpacker:20161205081918j:plain

f:id:lehmanpacker:20161205081930j:plain

クリスマス関連のかわゆいグッズがいっぱい。

 

 

 

 

お風呂

f:id:lehmanpacker:20161205081652j:plain

衝撃のバスdeバス。

受付時、お風呂がバスの中にある、と聞いた瞬間テンションが上がったけど、仲間のうちの一人が、ダジャレに気付き、爆笑。

 

内部の様子などは後日キャンプ日記内で紹介。一人600円。

 

 

 

その他のロッヂ

f:id:lehmanpacker:20161205180835p:plain

暖炉のあるロッヂ。ぼくらの泊まった当日、大学生たちが泊まりに来ていた。

サンタクロースやこびとたちが住んでいる様子をイメージして作った、サンタヒルズを代表する大きなコテージで、キャンプ場のシンボルコテージです。

 

f:id:lehmanpacker:20161205181028p:plain

テラスで焚き火ができる仕様に。焚き火大好き。

広々とした室内は別荘のような佇まいで、長期滞在にも適しています。自慢の屋根付きテラスでは、焚き火もBBQも同時にOK!施設の充実度

No.1のコテージです。

 

 

今回の仲間(6名)のうちの2人ほどは、昨年ここを利用したそう。

f:id:lehmanpacker:20161205182754p:plain

昨年の写真を見せてもらった。

焚き火を焚くと、本当に不思議。遠赤外線で冬の夜でも寒く無い。

昨年11月の夜でも全く寒くなかったとのこと。

 

 

f:id:lehmanpacker:20161205181119p:plain

ツリーハウス。トムソーヤを連想させる。(トムソーヤよくわかって無いけど)

今までのリッカと合わせると、なんと6棟が中央のデッキで繋がっているという斬新なデザインは、上空から見ると雪の結晶を彷彿とさせる作りになっています。

 

ツリーハウス余談。

こちらのキャンプ場はツリーハウス攻め。

www13.plala.or.jp

f:id:lehmanpacker:20161205183125p:plain

f:id:lehmanpacker:20161205183124p:plain

サイトがとってもおしゃれ。いつかこっちも行ってみたい。

 

 

 

 

さて、サンタヒルズには他にもロッヂはまだまだある。 

興味の湧いた人は、本家サイトへ

サンタヒルズ|北関東栃木県那須郡のキャンプ場&コテージ

 

 

ということで、遊び心溢れる栃木県、那珂川のキャンプ場サンタヒルズを紹介してみた。

 

 栃木近隣県のCamp loversは是非訪れてみて欲しい。

 

 

つづく(つづきはキャンプ日記へ)

 

www.lehmanpacker.net

 

検索

-OUTDOOR

Copyright© リーマンパッカー空をとぶ , 2018 All Rights Reserved.