おしらせ

2018年10月27日ブログを、『はてなブログ』より『ワードプレス』へ引越中の為、一部ブログのデザインが崩れております。
読みづらく大変申し訳ございません( ;∀;)

OUTDOOR

【キャンプ】遊び心溢れるサンタヒルズへGO! 到着。センターハウスやロッヂを写真で解説。(キャンプ日記その2)

投稿日:

12月にもはいった第1週の週末、栃木県は那須へキャンプへ行ってきた。

 

前回はキャンプの企画が女子っぽい、と紹介した。

www.lehmanpacker.net

 

今回は、その1に引き続き、キャンプ場当日の様子を写真多めで紹介していく。

 

 

 

受付

朝から移動し、各自担当の食材を途中スーパーで揃え、サンタヒルズへは問題もなくお昼前に到着した。キャンプ場近隣は、山の中〜、という風合いでなく、田舎の田園風景の中にポツン、と現れる静かなキャンプ場、という感じであった。

 

f:id:lehmanpacker:20161206072249j:plain

f:id:lehmanpacker:20161206072313j:plain

f:id:lehmanpacker:20161206072340j:plain

 到着するやいなや、ホームページ通りのクリスマスをテーマとした可愛いキャラクターたちにお出迎えされた。管理人が常駐している場所は、管理棟とは呼ばず、センターハウス、と名付けられていた。

 

f:id:lehmanpacker:20161206072457j:plain

ででん、中に入ると大きなツリーがお出迎え。

 

f:id:lehmanpacker:20161206073531j:plain

こういうのもあった。のみたい。

 

 

ロッヂの説明

f:id:lehmanpacker:20161206072649j:plain

まずは住所氏名などの記載を終え、お金を支払い、すぐに借りるロッヂの説明を受けた。今回借りたファイヤープレイス、リビング中央に囲炉裏を有するほっこりロッヂだ。換気の装置など入念に説明を受ける。

 

囲炉裏の上には大きなダクトがあるのだが、意外と大きな音がするので、夜は22時までに消すこと、や、その後は、室内の小さな換気扇3つで換気すること、とのことだった。

 

ちなみに、囲炉裏で、薪は焚かないでね、とのこと。

(換気が追いつかないそうだ。)

 

 

 

 

 

お風呂 

お風呂に関しては、当初、昼食後に近隣の温泉でも探して行こうか、と話していたが、キャンプ場内にもお風呂がある、とのことだった。

 

キャンプ場近隣は温泉は検索していなかったが、おそらく車が必要であろう。昼からハンドルキーパーを作るのもねぇ、ということで、じゃ、こちらで入りまーす!

と二つ返事で、キャンプ場内のお風呂を利用することで決めた。

 

なんと、その風呂、バスを改造したお風呂であった。

f:id:lehmanpacker:20161206075159j:plain

 

 

 

『バ、BUSでBATH ・・!!』

 

 

 

全員のテンションがこのキャンプで最も上がった瞬間であった。

 

ちなみにBUSでBATHは完全予約制。1コマ35分。

ぼくらは6人組みだったので、2コマ抑えた。結局全員いっせいに行ったので、60分ほどは占領できる計算だ。完璧っ!

 

 

一通りロッヂの説明を受けた後に、センターハウス内やその近隣を探索。

 

 

 

 

手作りコーナー

f:id:lehmanpacker:20161206072434j:plain

何を作るかは不明だが、子供が喜びそうな、工作場だった。

 

 

キャンパーズラウンジ

f:id:lehmanpacker:20161206072555j:plain

夏などには、キャンパーたちが集うのだろうか。

ロッヂもかなり充実しているし、ここに実際人が集まるのだろうか。

一人旅ライダーとか??どんな光景になるのかは、想像できないが、こういった憩える場、があるのも、キャンパーたちへの気遣いを感じた。

 

 

f:id:lehmanpacker:20161206072536j:plain

キャンプ雑誌。

初心者キャンパー(キャンプに不慣れなパパさん)などが来ても困らなそうである。

 

 

 

雑貨屋さん

f:id:lehmanpacker:20161206072406j:plain

f:id:lehmanpacker:20161206072516j:plain

f:id:lehmanpacker:20161206072613j:plain

f:id:lehmanpacker:20161206072631j:plain

クリスマスをテーマとした、かわゆい雑貨がたくさん。ぼくは男だからそんなに興味はないけど。女性が見る分には楽しめそうであった。

 

 

 

 

カフェ、こもれび

f:id:lehmanpacker:20161206074156j:plain

f:id:lehmanpacker:20161206074232j:plain

f:id:lehmanpacker:20161206074255j:plain

f:id:lehmanpacker:20161206074311j:plain

お昼はあまり人はいなかったが、夜は近隣のマダムたちが集っていた。

 

 

 

 

いざ、ロッヂへ!

さて、受付を終え、いざロッヂへ!

f:id:lehmanpacker:20161206074342j:plain

f:id:lehmanpacker:20161206074403j:plain

ロッヂの敷地内はウッドフェンスで囲まれていた。おそらく中にドッグランがあるため、犬が逃げないように、だろう。

 

さぁ入ります。

 

と写真を貼り付けていくその前に、念のために、前々回貼り付けた、ホームページ掲載の間取りも貼り付けておく。

f:id:lehmanpacker:20161205080404p:plain

f:id:lehmanpacker:20161206074429j:plain

テラス。この日は12月にも関わらず、天気快晴、昼の最高気温が15度との予報だった。ランチは外でしよう!ということになった。

 

 

 

 中に入りまーす

f:id:lehmanpacker:20161206074521j:plain

 

キッチン

f:id:lehmanpacker:20161206074536j:plain

ドアをあけると、キッチン。冷蔵庫があると生物の保冷や氷が保てて楽ちん。

 

 

f:id:lehmanpacker:20161206074608j:plain

シンクとガスコンロ。給湯器が付いていてお湯もでる。この時期洗い物に重宝。コンロは2つ。そのほか調理器具や食器は一通り揃っている。

 

 

リビング

f:id:lehmanpacker:20161206074654j:plain

f:id:lehmanpacker:20161206074621j:plain

f:id:lehmanpacker:20161206074638j:plain

 

おぉ、あの待望の、という感無量的な喜び。

掘りごたつになっていて、早くここで炭を焚きたいな〜、と思った。

 

事前に写真を本家サイトでみていて想像と違ったのは、大きい、ということだ。

排気ダクトも大きくてびっくりした。囲炉裏を囲む掘りごたつは意外と大きく皆座ったとき、ちょっと話聞こえないのではないか、と思うくらい大きかった。(実際そんなことはなかった。)

掘りごたつは一辺に2人くらい座れる幅だ。ぼくらは6人なのでふんだんにスペースを使ったが、十数名訪れる人たちには重宝しそうな広さだ。

 

 

いちおう、ロフト。

f:id:lehmanpacker:20161206074711j:plain

ベッドが5つだったので、一人溢れてこちらに。Yくんが寝たのだが、夜、

『熱気が上にこもってめっちゃあったかい』

との感想を述べていた。

 

 

 

それでは、次回はこいつらを調理してゆきます。

=╭( ・ㅂ・)و =╭( ・ㅂ・)و =╭( ・ㅂ・)و

f:id:lehmanpacker:20161206074730j:plain

 

 

その3へつづく。

 

www.lehmanpacker.net

検索

-OUTDOOR

Copyright© リーマンパッカー空をとぶ , 2018 All Rights Reserved.