TRAVEL・海外ネタ

ボラカイの安宿紹介。や、お散歩情報。Dモール、ビーチ沿いレストランなどなど。【ボラカイ徒然#2】

更新日:

  1. *旅程*

(水曜日)

(木曜日)移動+休憩 マニラ→ボラカイへ +到着後散歩とか  ☆←今回はここから

(金曜日)

(土曜日)

(日曜日)

今回は到着後の話。木曜日を書くよ。

はい、前回からのボラカイ徒然の続きです。前回は羽田〜ボラカイまでの道のり。今回は到着後のお話です。

前回↓↓

マニラ空港からボラカイ島までのみちのり【ボラカイ徒然#1】

それでは、引き続き時系列にそってダラダラいきます。記事の流れは

01)ホテル着
02)ぷらぷら散歩 昼
03)ぷらぷら散歩 夜

でいきます。

f:id:lehmanpacker:20170208190403j:plain

※現地人です。

01)ホテル紹介 HOSTEL AVENUE

ツアー会社のバンでステーション2到着後、ツアーの客引きを払いのけながら、ホテルに到着します。

f:id:lehmanpacker:20170208081635j:plain

とりあえず写真だけもらっといたfrom客引きより

お宿は安さにこだわったドミトリー(相部屋)のHOSTEL AVENUEです。一泊900円ほど。

各国から放浪系などのしょーもないやつらが集まっていますw

例)イギリス人女子・・・もう2年イギリス帰ってないわ〜。とか。こんな感じ。

立地は抜群でビーチ沿い、徒歩1分未満。またディーモールまでも1分ほどという、立地は最強のドミトリーでした。

テラスにこのようなサッカーボールのクッションがある。

f:id:lehmanpacker:20170208195556j:plain

ここで夜飲んだり(ぼくは参加していない)

f:id:lehmanpacker:20170208195558j:plain

こう誰かしらがダラダラまたーりしてるわけです。

f:id:lehmanpacker:20170208195600j:plain

ドミトリー泊とは(の良し悪し)

みなさんは相部屋泊を経験したことはありますか?

学生時代貧乏旅行やバックパッカーなど経験のある人は経験あるかと思いますが、一般的にパッケージツアーなどに参加する方は未体験ゾーンな宿かと思います。

日本でいうと、沖縄にも存在しますね。

だいたい構造としては、部屋の中にずらーっと二段ベッドがおいてある、こんな感じです。

f:id:lehmanpacker:20170214074133p:plain

ドミトリーでは、荷物を置くスペースがないことも。荷物でぐちゃぐちゃになったベッドの上。

そのため、相部屋泊はホテルのプライベートな空間に比べると、非常に気を使います。

夜の消灯後や、朝一出かける時は、妙にそぉ〜と動作をしないといけないですし、トイレに行くときもそぉ〜っと、です。好き勝手に音楽もかけちゃあかんです。

(これ、日本人の他人に気遣いをする習性ですが、国によっては、普通にガシガシ音を立てる人もたくさんいます)

また、値段の安さから、貴重品の取り扱いにも注意しなきゃいけなかったり、とするわけです。(ロッカー的なものがついている場合もあり。今回はあった。↓)

f:id:lehmanpacker:20170214213127j:plain

南京錠、持参しましょう♪ 

そんな感じで相部屋泊というのは、気を使うわけですが、同時に良い点と言えば他の旅行者との交流でしょうか。

実際、交流といっても、自分から絡みに行くか行かないか、次第なのですが、ホテルの個室に区切られた空間などからすれば格段に各国諸氏とお話しする気軽なシチュエーションが多数あるわけです。

ぼくは今回あまり積極的に絡みに行ってませんが、チリ人とロシア人たちと絡みました。

02)Dモールをお散歩

さて、ボラカイ島到着後すぐだったこともあり、探検に出かけます。

ちょうどお昼時もあったこともあり昼飯も物色しつつ。

ここ↓

宿からほどないところにDモールと呼ばれる通りがあり、そこを探検します。

f:id:lehmanpacker:20170208081643j:plain

ぽていと

f:id:lehmanpacker:20170214074834j:plain

いろんなサイズがあって良い。

フレーバーもあって良い。

f:id:lehmanpacker:20170214074828j:plain

おいしい。

f:id:lehmanpacker:20170214074853j:plain

マンゴーシェークなどもあって良い。

f:id:lehmanpacker:20170214074847j:plain

ケンタッキーてきなもの。まぁまぁ美味しかった。

Dモールには、本当に色々なレストランがありました。

フィリピン料理、アメリカン(ステーキ、バーガーetc)、中華、コリアン、アラビック、タイ、日本食も!

f:id:lehmanpacker:20170214215233j:plain

また街ゆく観光客もすべからく笑顔でハッピーな雰囲気です。距離も長くないしちょうど良い大きさです。

f:id:lehmanpacker:20170214215258j:plain

ボルダリングを発見(夜やっている観光客がいた)

お土産屋や洋服屋、バジェットマーケットというスーパーマーケットもあり、一通りなんでも揃います。

さて、腹ごしらえをし、はち切れんばかりの胃袋になったところで、 ホテルに戻り昼寝をします。

ぐーすかぴー

 (深夜便で夜ねむれなかったので、ぐっすり。。。)

03)夜のお散歩

3時間ほどの昼寝後、むくむく。

鋭気を養い、再びぷらぷら散歩に出かけます。

夜は夜で、ビーチ沿いにレストランが立ち並び、おしゃれでまた良い。

あえて、レストランが少し遠目に見える、波打ち際などを歩いたりしてみます。

f:id:lehmanpacker:20170208081650j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208081651j:plain

うーん、この温暖な気候に、光るレストランたち。

ロマンチックやー。

ばんごはんは、昼の散歩時に目星を着けておいたビーチレストランでイタリアンで食べました。

f:id:lehmanpacker:20170208081649j:plain

f:id:lehmanpacker:20170216084405j:plain

f:id:lehmanpacker:20170216084427j:plain

アーリオ・オーリオ。一人イタリアン、パスタとビールで1300円くらい。

宿へ帰宅後、テラスで、21時から、飲み会やるよ(無料)と誘われましたが、1度シャワーを浴びて、ベッドで横になったら億劫に(^_^;)

そのままDVD@MacbookAir鑑賞して寝ましたとさ。

04)夜中はなかなかうるさかった

夜中

ガチャン、ドタン

どうやら、お開きになった飲み会の連中がトイレ・シャワーを使いだしたよう。

う、うるせぇー。

加えて、宿の前のビーチのレストランの音楽もわりかし爆音。

う、うるせぇー。

安宿と好立地の弊害ですね(^_^;)

それでもぐうぐう寝続けました。

おしまい。

次回はコチラ↓

ボラカイ島のアクティビティ。スタンドアップパドルサーフィンをやったよ

検索

-TRAVEL・海外ネタ

Copyright© リーマンパッカー空をとぶ , 2019 All Rights Reserved.