リーマンパッカー空をとぶ

サラリーマンの旅ノウハウ。   ※スマホ表示にトグルメニュー追加しました。

バニラエアセブ島直行便を始めましたね!(2016年12月〜)バニラのこの功績はでかい!

アジアの屈指のリゾート地として名を知らしめるセブ島。

 豊かな水産資源(カラフルなサンゴ礁などダイビング的な)で有名です。

 

情報としてはもうおそくなってしまったけど、先日LINEのバニラエアーからこのようなスタンプメールが。

f:id:lehmanpacker:20170112192648p:plain

 

クリックしてバニラエアサイト内に進むとどうやら、直行便を開始にしたとのこと。

さらにキャンペーンで1週間ほどの予約期間であれば、片道約1万円で予約出来るとのこと。

 

こりゃ、行くっきゃない!

 

 

 

セブ島直行便 何が嬉しいの?

個人的にはこの直行便就航はビッグインパクトでした。

実はセブはいったことがなかったのですが、前々からずっと行きたいと思っていたビーチリゾートです。

 

何故この存在がでかいか、

実はセブ島は、

直行便はあれど便数が少なく、あっても高い。

というアクセスの(コストも含め)悪い場所でした。

 

リーマンパッカー的には、土日+有休みたいな飛び方は滞在日、いわゆる中日が非常に短くなる為、悩んでしまう行き先のひとつでした。

 

いや、実際に安くいく方法はあるのです。

 

例えば、マニラ便をマイルやもしくはLCCで安く抑え、さらにそこから、フィリピン国内線をマニラ⇔セブを抑えるという方法です。

 

フィリピン国内にもLCCは飛んでいて、早めに抑えればマニラ⇔セブは往復1万円ほどで抑えられる価格ですから、日本から合計、がんばれば往復3万円そこらで、飛行機自体はおさえられることはおさえられるのです。

 

 

ただ、この乗り継ぎと言うのの時間のロスは大きい

乗り継ぎ時間の長さや、下手をしたらマニラで一泊、など、なかなか曲者です。

(もしくは安さ狙いなら韓国、ソウル経由などもあるそうな) 

 

 

であるから、ここに来て5時間ちょいのフライトの、この直行便の存在がやはりでかい。

 

バニラ、やったな!!

 

という気持ちです。

 

f:id:lehmanpacker:20170113075134p:plain

f:id:lehmanpacker:20170113075143p:plain

https://www.vanilla-air.com/jp/news/2161

 

 

 

セブ島の観光情報

 

それで、セブ島行きたいな〜と思って、少々調べてましたが、なかなかの観光コンテンツが詰まっていそう。いくつか紹介します。

 

1 オスロブのジンベイザメ

f:id:lehmanpacker:20170112194003p:plain

The World's Best Photos of oslob and shark - Flickr Hive Mind

 

ジンベイザメ、沖縄美ら海水族館や大阪海遊館などの大きな水族館で見ることができますね。大型の水槽の中、優雅に泳ぐ姿を見たことがある方もいるのじゃないのでしょうか。

 

 

実はこのジンベイザメ、ダイビングを始めるとわかるのですが、ダイバーの中では憧れのレアものです。ダイバーたちと、ダイビングショップで、何のレアものをみたことがあるか、というトークをしていると、ジンベイザメはいつかみてみたい、100本潜っても見れないほど、という声を聞きます。

 

それだけダイバーの憧れの的でもあります。

(ぼくはしれっとタイでかつて見ています。)

 

 

そんなジンベイザメの餌付けに唯一成功しているのが、セブ島のオスロブという地区です。

 

 

 

ダイビングで必ずやジンベイザメが観れるというのはダイバーにとっては大きな観光コンテンツでしょう。

 

 

 

 

2 カワサンフォール

 

f:id:lehmanpacker:20170117072237p:plain

http://4travel.jp/overseas/area/asia/philippines/cebu/kankospot/10493945/pict/#each_tab (出典 4travel posted by じゅーしーさん)

 

なんと綺麗なエメラルドグリーンでしょう。

思わず、い、行きたい、、、と思ってしまいました。

 

観光地化されていて売店や、机・パラソルなどもある程度揃っているのだとか。

 

場所

は、下記の地図の通り。セブ島の起点となる、 ラプラプ島からは3h程度。

 

 

 

オスロブにしても、カワサンにしても起点となるラプラプからは遠いです。レンタカーなど借りない人は、この2つがセットになったツアーに参加するなどすると効率がよさそうです。

 

 

 

 

3 その他

ネットで情報を漁っていて、インパクトの大きかった2つをあげてみましたが、その他にも普通に海は綺麗と聞きます。

普通にダイビング・シュノーケルしても綺麗そう。

 

また、東南アジア的な屋台、なども楽しめるでしょう。

 

もう一つ、これは好みが分かれるかもしれませんが、カジノもあるようです。

 

興味がある人は、trip adviserや4travelを覗いてみるといいでしょう。

 

 

 

で、ぼくが行くかというと

さて、冒頭バニラのセール情報を得た、と述べましたが、なんとボケっとしているうちにセール販売期間を過ぎてしまいました。痛たたた、、、。

 

ということで、この高まった南国熱は簡単にはおさまらない。

 

結果、、

 

 

フィリピン、ボラカイ島に行くことにしました!

 

 

?ボラカイって?? しかも、なんで??

そこらへんの記事は、次回あげることにします。

また、ボラカイ旅行の進行をtwitterでつぶやいてみたいと思います。

 

 

それでは!