リーマンパッカー空をとぶ

サラリーマンの旅ノウハウ。   ※スマホ表示にトグルメニュー追加しました。

安い台湾simカードを5つおすすめするよ。amazonで・日本で購入可能なプリペイドsimまとめ【比較表あり】

f:id:lehmanpacker:20180420222805j:plain

この記事では旅行前に事前にamazon等で日本で買えて、台湾で使えるsimカードをまとめていきます。

 

2018年1月に台湾にふらっと行ってきました。

出発前に調べてみると台湾で使えるsimカードがamazon上ですんごく充実していたので、ここでまとめてみたいと思います。

旅の後にsimカードのレビュー記事はこちらです。→レビュー記事

 

それではさっそく紹介していきましょう。

 

何故事前に日本で購入することをおすすめするのか

このブログでは、以前旅行でsimを利用した際のことを記事にしておりますが、幾度かの経験から事前に日本で買うことを断然お勧めしています。何故って理由は単純明快で、

  • 現地での時間がもったいないから。そして
  • 別に現地で買ってもamazonより安くなるわけではないから。

です。

f:id:lehmanpacker:20170803183827p:plain

何度か渡航先の現地で購入した経験上、購入〜開通まで15分で終わる、とかいうことまずないです

販売所探したり、並んだり、店員とやりとりしたり、スマホに入れて設定したりすると普通に、通算1時間2時間すぐにすぎます。そして時には最悪開通させられないなんてこともあります。(ドイツ、ミュンヘンで経験 涙)

それ以来もう事前に必死に情報収集したり現地で探して買うのやめております。

 

台湾においては、日本人旅行者の多さから、何人かの方が空港ではコレが買える、この通信業者がおすすめだ、とありがたいことに細かな情報をあげてくれています。

一方で見ていると値段はamazonと変わらないなぁ、という印象です。

 

個人的には事前にamazonで買ったりすれば口コミは読めるし、届いたあと説明書も確認できるし、到着した瞬間つながるので本当にストレスフリーでおすすめです。

 

それでは早速5選、行ってみましょう!(情報は全て2017年12月時点でございます)

 

その1)China Unicomのsimカード

f:id:lehmanpacker:20171204083441p:plain

China Unicom特徴
項目 内容
価格 1,580円
容量 3GB (到達後、速度128kbpsの通信可)
1GBあたり 約530円
テザリング
サイズ 標準、micro、nano(付属アダプターで可変)
購入先 Amazon
Amazon口コミ 星3.0 (2017.12.12時点)
使用可能日数  7
特徴・その他 中国本土版、香港版、といろんな種類あり

 

 まず、一発目。可愛い出で立ちのChina Unicomです。China Unicom自体は中国本土の企業で、その他中国本土+香港版香港・マカオ版など同じsimシリーズでもいろいろな種類があります。本記事登場simはその台湾版の位置づけです。

 

China Unicomの強み

ChinaUnicomの強みは3GB終了後でも128kbpsで低速通信してくれることです。LINEなどのテキストメッセージでは問題ない程度で、3GBもし使い切ってしまっても連絡はとれる、というところが非常にユーザビリティが高いのではないでしょうか。

ただ後述していくsimにも同様な機能があったりと、比較してしまうと、可もなく不可もない、といった凡庸な印象があるのも事実です。

 

信頼度は?

Amazon口コミでは星3つ。ほぼほぼ問題はないのでしょうが、口コミを覗いていると若干気になるネガティブな面もありそうです。

実際に現地で使用してみた感想ですが、Twitterの写真画像アップロードが遅い又は通信中が止まらなくなるなど、接続スピードが遅いように感じました。
まぁ、使えないわけでもないので。。また4月に台湾行くのでお世話になろうと思います。Amazon口コミより

後述していくsimたちも良さげなので、可愛いパッケージが好きっ!という方でない限り、こちらを選ばなくても良いでしょう。(リンク:Amazon口コミ  )

 

続いて、アジア旅行者に人気のsimです。

 

その2)AISのSim2fly

f:id:lehmanpacker:20171203223343p:plain

Sim2fly 特徴
項目 内容
価格 1,450円
容量 4GB (到達後、速度128kbpsの通信可)
1GBあたり 約360円
テザリング
サイズ 標準、micro、nano(付属アダプターで可変)
購入先 Amazon
Amazon口コミ 星4.4 (2017.08.01時点)
使用可能日数 8日間
特徴・その他 アジアで人気のsim!

 

アジア旅行者には言わずと知れたAISのSim2fly。AIS社はタイ国内でのNo.1キャリア、日本のドコモを想像すればそれに近しいです。このsimはアジアの複数ヵ国をカバーしており、アジア旅行者にはすでに有名simです。そんなSim2flyのアジア版(※)にはばっちり台湾も含まれており、問題なく使えます。(※ヨーロッパ版もあります。)

 

Sim2flyの強み

Sim2flyの強みは4GB終了後でも128kbpsで低速通信してくれることです。ここは前述のChinaUnicom同様ですね。

また、対象ヵ国の中に日本も含まれており、日本で出発前に開通状況が確認できます(ソフトバンクへ繋がります)心配性な方には心強い要素でしょう。

もう一つ、この記事を読んでくれている方にはamazonアカウント持ってないよ、楽天派だよ、という方もいるかもしれません。5選の中このsimのみ、楽天でもyahooショッピングでも購入可能です。この販路の広さもSim2flyの強みと一つ言えるでしょう。

 

 

信頼度は?

amazon口コミで星4.4。

すごい評価ですね。口コミ数も100件以上でこの点数、なかなかない商品ではないでしょうか。実はこのSIM2FLY、アジア 周遊 SIMなどとググると、Amazonでいのいちにあがってくるアジアのベストセラーのsimカードなのです。みなさんの利用実績、口コミ点数からまず問題ないsimカードだと考えてよいでしょう。(リンク:Amazon口コミ  )

 

 

さてもうひとつアジアに強いsimカードからの紹介です。 

 

その3)TRUE MOVEのTRAVEL SIM ASIA

f:id:lehmanpacker:20171212234117j:plain

 

TRAVEL SIM ASIA 特徴
項目 内容
価格 1,580円
容量 4GB
1GBあたり 約400円
テザリング
サイズ 標準、micro、nano(付属アダプターで可変)
購入先 Amazon
Amazon口コミ 星3.5
使用可能日数

8日間

特徴・その他 アジアで人気、バリ島でも使える!

 

TRUE MOVE社もこれまたタイの通信業者です。基本的にAISのSim2flyと非常に似通っていて、アジアの複数ヵ国での利用が可能で、同様に台湾を含みます。

Amazon上ではこちらが後発でしたが、順次利用者も増えており口コミなどしっかり確認することができます。

 

TRAVEL SIM ASIAの強み

こちらも前述2つと同様、容量使用後の128kbpsの低速通信が可能です。また、Sim2fly同様日本も対象ヵ国となっており、通信確認してからの出発が可能です。こちらはドコモに繋がります。 

また、楽天での購入も可能です。(YahooショッピングはNG)

 

 

信頼度は?

amazon口コミで星3.5。

3.5もつけば問題なく使えると考えて良いでしょう。ただ、一つ前のAIS Sim2flyが4.4点をはたきだしている事を考えると、わざわざTRAVEL SIM ASIAを選ぶ必要もないかな?とも考えれます。(リンク:Amazon口コミ  )

 

 ここまでのまとめ

少しまとめてみましょう。その1、その2、その3だけ比較してみるならば、
 ChinaUnicom < TRAVEL SIM ASIA < Sim2fly
となり、Sim2flyの勝利です。

 

 

さて、続いてその4、その5と続けたいところですが、少し海外simの小ネタをはさみましょう。

 

コラム:海外simに現地の電話番号は必要? 

f:id:lehmanpacker:20170805054929p:plain

 

SIMカードをネットで叩いていると現地の電話番号あり版、データSIM版と分かれていたり、電話料金をチャージする方法などがのっています。どちらを選ぶかは好みにもよるのでしょうが、私は電話番号は不要、と考えています
なぜならネットがつながれば今時ネット電話(IP電話)が使えるから。私が使っているのは、LINE OUTとGOOGLE HANGOUT。旅行先でもちょこちょこ使って無事使えています。通話料金も日本→海外、海外国内でも数円/分程度と非常に安いことが多いです。

※片方が繋がらない、ということもあるため、2つアプリを入れておくことをお勧めします。

 

さて、のこり2つです。長文お付き合いいただき恐縮ですが、上記3つとは(良い意味で)毛色が違いますがぜひ読んでみてください。

 

その4)Fareastone LTE版

f:id:lehmanpacker:20171213071417j:plain

 

Fareastone(LTE版)特徴
項目 内容
価格 890円
容量 無制限
1GBあたり 表現できず
テザリング
サイズ 標準、micro、nano(付属アダプターで可変)
購入先 Amazon
Amazon口コミ 星4.0
使用可能日数  5
特徴・その他 他にはない容量無制限!

Fareastone、聞きなれない名前なのは台湾国内で販売している台湾特化型のsimだからでしょう。正確にはFarEasToneと綴り、中国語表記は遠傳電信。台湾の桃園空港なんかでも売っています。

 

Fareastone(LTE版)の強み

Fareastone、恐るべき破壊力をもったsimカードです。価格は千円以下、4G LTE通信に加え、テザリングはできるわ、そしてなんと容量、無制限!海外simを見てきた中でこんなコスパにすぐれたsimカードを見た事がありません。

ということで強みは

  • 安さ、速さ、テザokに加え
  • 容量無制限

(完璧やないかぁーーい)

 

信頼度は?

Amazon口コミで星4.0つ。点数的には全く問題ないと言って良いでしょう。なおかつ2017.12月時点で、140票以上の口コミが入っており、その4.0というのもかなり信憑性の高い数字となっています。口コミを読んでいてもみなさん結構褒めています。(リンク:Amazon口コミ  )

 

さて、最後の一つは会社は同じFareastoneでもう一つAmazon上で気になるものがあったので、そちらを紹介して終わりたいと思います。

 

その5)Fareastone(4G・3G版)

f:id:lehmanpacker:20171203215128p:plain

Fareastone(4G・3G版)特徴
項目 内容
価格 1,100円
容量 無制限
1GBあたり 表現できず
テザリング
サイズ 標準、micro、nano(付属アダプターで可変)
購入先 Amazon
Amazon口コミ 星4.6 (2017.12.12時点)
使用可能日数  5
特徴・その他 こちらも容量無制限!

 

Amazonで台湾のsimをたたいていて、少々気になったのはこちら、同じFarestoneの違うバージョンのもの。名前の付け方違うのと、若干の価格、口コミ点数の差が若干気になりましたね。

(その4名前…LTE版、890円、星4.0その5 名前…3G・4G版、1,100円、星4.6


Amazon販売元の名前の付け方が、前述その4は"LTEデータ通信"、一方こちらが"4G・3Gデータ通信"としていることから、簡単に想像できる違いは、3Gに対応している、ということなのでしょうか。

 

思うに

少々"The・通信"的な話になってしまいます。

※The通信な話は嫌いな人は読み飛ばしてください。

名前の付け方がばらけてますが、LTE=4Gです。双方同じ意味です。ですから、4G版と3G兼4G版、こんな2つの名前になっています。

ここから想像するに、台湾内の地方で4GLTEに対応していないド田舎がある。(地方都市や山間部を想定)そんな場所に行っても、その5の3G・4G版なら3G通信に切り替わるから大丈夫だよ、という事なのでしょう。

ただ、少々解せないのはその4・LTE版の口コミを読んでいても、3G電波を掴んだことを言及している方がいることです。

最初3Gの電波しか掴まず4Gの電波を掴むまで数時間掛かりました。3G設定の案内用紙を日本に忘れてきたのでもしかしたら設定すれば3G 台灣大哥大(台湾モバイル)でも使えたかもしれませんが、

(Amazon口コミ あつー さんからのレビュー)

ということは、LTE版でも3G電波をつかむということ?

ま、この辺はただ単に販売元が日本語訳名でどういう名付けで出品しているのか、というはなしもあるので、あまり気にしなくて良いでしょう。

 

さて、気を取り直して。

 

Fareastone(4G・3G版)の強み

強みとしては、LTE版同様に、安さ・テザリング可・口コミ高得点、に加え容量無制限、となっています。 価格も1,100円と、その1〜その3までのものより多少安いです。その4との差額+200円のみ。

 

信頼度は?

2017.12.12現在で口コミ数はそれほど多くなく27票。しかしながら、その星の数、4.6。すごい得点ですね。4点台後半というのはAmazon上でもなかなか見ない点数です。間違いのないsimカードと考えて良いでしょう。 (リンク:Amazon口コミ )

 

まとめ・比較表 

5枚の比較表(ピンク塗りはGood point)
項目 Chi-U Sim2 TRA-SA Far-LTE Far-3G4G
価格 1,580円 1,450円 1,580円 890円 1,100円
容量 3GB 4GB 4GB 無制限 無制限
1GBあたり 530円 360円 400円 表現できず 表現できず
テザリング
simサイズ 標準、micro、nano
(付属アダプターで可変)
リンク Amazon Amazon

 

楽天
Amazon

 

楽天
Amazon Amazon
口コミ点数 星3.0 星4.4 星3.5 星4.0 星4.6
口コミリンク Amazon口コミ  Amazon口コミ Amazon口コミ Amazon口コミ Amazon口コミ

 

上記のようになりました。正直どれも安く口コミも十分でどれをえらんでも良いというくらいの充実っぷりだと感じています。

 

とくに、先日ヨーロッパを訪れた際にこちらを書いたのですが、

安いヨーロッパ周遊simカードを3つ紹介するよ。amazonのおすすめsimまとめ【比較表あり】

どれも余裕でヨーロッパのsimより安いです。正直この充実ッぷり、素晴らしい。

  • Amazon派ならFareastone、
  • 楽天派(amazonアカウント非所有)ならSim2fly、

のような感じで買い分けてもらえればと思います。

Fareastoneを選ぶ方は、利用期間が5日間なことにも注意してください。(1週間などの旅行者なら、AIS Sim2flyですかね)

 

 

管理人が選ぶならこれっ!

その1〜3と今まで目にした名前のsimでしたが、私は1月の台湾旅行へはその4のfareastone(LTE版)を購入してから出発しました。

f:id:lehmanpacker:20171214225841j:plain

5選の中でもどう考えてもコスパが圧倒的に良いですし、星も4.0と高得点で全く問題ないように感じたからです。

台湾では、台北のみならず、台中やら、温泉地やらと都市部以外の場所にも訪れてみたので、その辺のレポートをご覧いただけたらと思います。

(追記:レビュー記事書きました。Fareastoneレビュー記事

 

 

最後に

最後に、各SIMの章では細くて書ききれなかった情報がたくさんあります。(情報を詰めすぎるとゴチャゴチャしてしまうため、だいぶ割愛しました。各simカードのapn設定方法、賞味期限=購入ベストタイミング。etc ,,,)

 

また海外simカード市場は、価格の微改定があったり、口コミ数もぐんぐんのびたりと、ちょこちょこ変化もありまだまだ成熟してない市場です。

 

必ず下記リンクのamazonの商品説明欄やみなさんの口コミを十分参考にするようにしてください。

 

 

各simのAmazonリンク
種類 リンク
ChinaUnicom Amazon
AIS Sim2fly Amazon
TRAVEL SIM ASIA Amazon
FarEasTone(LTE) Amazon
FarEasTone(4G・3G) Amazon

それではみなさん、台湾でもENJOY SIM LIFE♪