リーマンパッカー空をとぶ

サラリーマンの旅ノウハウ。   ※スマホ表示にトグルメニュー追加しました。

成城石井のパルミジャーノレッジャーノ食べてみた。濃厚な お あ じ 。

f:id:lehmanpacker:20170108100805p:plain

この記事では、成城石井のパルミジャーノレッジャーノの食レポをいたします。値段も記載しるよ。

 

先日、TVのカンブリア宮殿で、成城石井のパルミジャーノレッジャーノチーズが美味しい、とやっていた。どんなチーズかすらよくわからないけど、成城石井といえば、大衆的なスーパーよりも少々高く、自分へのちょっとしたご褒美、的なものをOLが買うイメージだ。

 

まぁ、村上龍さんが美味しいというなら間違いないでしょう、よし買ってみよう、ということで成城石井に行ってみた。

 

 

成城石井でチーズを探す

 

成城石井に着いてみて、探す。こ、これは、固そうなチーズだ、、、。食えるのかこれ。。

f:id:lehmanpacker:20170108092308j:plain

真空パックでカッチコチ

 

というのが第一印象。

 

値札は559円。

 

うん、高いね。さすが成城石井。

 

さて混み合うレジにならぶこと10分ほど。

レジでピッピッとカゴに入れたものをスキャンしてもらって、

 

一瞬目を疑った。

 

パルミジャーノレッジャーノ、1630円。

えっ!?

 

 

 

その場はボケーっとしていたので、さらっと流してしまったがどうやらグラム売りのようだった。うわー、ぼくがバカでした。そういうチーズもあるのね、と勉強になりましたわ。

 

f:id:lehmanpacker:20170108092918j:plain

 

 

拡大

 

f:id:lehmanpacker:20170108095527p:plain

 

 

さて、

気を取り直して、少々パルミジャーノレッジャーノの小ネタを紹介。

 

 パルミジャーノ・レッジャーノとパルメザンチーズ、何が違うの?

家に持ち帰って、まずよくわからなかったのが、これだけカチコチのチーズを一体どうやって食べるの?ということだった。

 

要するに削って粉状にすればよいわけ?

だとしたら、あのスパゲッティに振りかけるパルメザンチーズと何が違うのさ?

 

f:id:lehmanpacker:20170108100512p:plain

http://amzn.to/2iplHrv こういうの。

 

ということで、それらの違いを調べてみた。

 

こちらの記事が参考になる。

kw-note.com

 

記事を要約すると

・クラフト社のパルメザン→アメリカ製

・パルミレジャ→イタリア産で、厳しい基準を満たしたもの

だそうだ。

 

さらに勝手にまとめると、だいたい同じもん、である。

 

 

まぁ、食べ方としては要するに、削っておけってことね。。

 

 

 

つくれぽ、きしめんカルボナーラ

開封の儀→か、硬ぇ!開きゃしねぇ!と格闘したが、なんとか感とか先の細い方をハサミでこじ開ける。

 

結構 においは強め。

開けてみると、スーパーでみたとき想像したよりも硬くなかった。

あれ、これハサミでちょきんと出来そうだわ、ということで、少し切り分けて味見。

 

う、うまい。

 

たしかに美味しかった。(そりゃそうだ。あの村上龍さんがうまいと言っているのだもの。)

味が濃くて風味が豊かだった。たしかに大衆的なスーパーみたいなとこではこの味は手にすることはできないかも。

 

さて、お料理。

小見出しの通りカルボナーラを作ったのだけど、ちょうどきしめんが冷蔵庫にあったので、それで作ってみた。

 

うどん麺で!?って話もあるかもしれないけど、、

なんか、そういうのあるじゃん?

 

f:id:lehmanpacker:20170108101831j:plain

 

茹でたうどんに卵と削ったチーズをガシガシ掛けるだけ。

本当は生クリームも入れられたらよかったのだろうけど。。冷蔵庫になく。

 

 

はて、食べてみて。

 

うん、美味しいね。

濃厚なチーズの味がうどんに負けてなくしっかりカルボナール風に仕立ててくれている。

 

前回 コチラ(の記事) で結構きちんとつくったんだけど、

f:id:lehmanpacker:20161209141246j:plain

f:id:lehmanpacker:20161209141524j:plain

f:id:lehmanpacker:20161209141746j:plain

 

 

それに負けじと、美味しかったです。

 

 

 

他の使い道

 

っていっても、パルメザンチーズ(粉)を使った料理なんて、あんまりないよ、ということで、使い道を模索中。

 

前述の通り、封を開けてみれば、以外とハサミでちょきちょき切れる。このままチーズのままで食べる、というのが料理以外の食べ方になりそうだ。

 

 

 

参考 

amazonパルミジャーノレッジャーノリンクはコチラ

 

amazonパルミジャーノレッジャーノ、検索結果

 

検索結果を覗いてみると、ニーズがあまりないのか、レビュー数が少ない。

(だいたいどれもレビュー数10以下)

 

成城石井が近くにない方はこちら

 

 

がだいたい同じ価格帯。

 

こちら、

は1kgで3870円だそうだ。うん、結構高いね。

(100gに直すと、400円以下なので、成城石井よりは、安い。けどぶっちゃけ1kgもいらない)

 

今年のゴールデンウィーク(2017年)イタリアに行く予定なので、1kgでいくらくらいか見てこよう。(で安かったら、買ってこようっと。)

 

追記2017.05

やはりイタリアでは、1/2~1/3の価格でした。

同じ様なものが5euroとか。

1kgで、20euroとか。

調査場所は、フィレンツェ中央市場←観光客向け、や、そこらへんのスーパーです。

 

フィレンツェ中央市場

f:id:lehmanpacker:20170521213504j:plain

f:id:lehmanpacker:20170521213527j:plain

かなり、THE観光客向け、な市場でしたが、全然高くなかった。

1kg23euroとか。で小さく売ってる。

 

 

ローマFCO空港そばのモール内スーパー

f:id:lehmanpacker:20170521213358j:plain

f:id:lehmanpacker:20170521213424j:plain

同じようなカットでだいたい3〜5euroくらい。

ちなみに、22mesiとか30mesiとかは、熟成ヶ月の意味。

 

 

お料理活用法

イタリア・クロアチア、ではわりと薄切りにしてサラダにかけてました。ウマす。

f:id:lehmanpacker:20170521213310j:plain