リーマンパッカー空をとぶ

サラリーマンの旅ノウハウ。   ※スマホ表示にトグルメニュー追加しました。

【ドイツ】オクトーバーフェスト期間じゃなくても、楽しめるミュンヘン市内おすすめビールスポットを紹介。

2016年9月、ドイツミュンヘン、オクトーバーフェストを訪れた。(1euro=116jpy)

 

ミュンヘンのオクトーバーフェストといえば、世界有数規模のお祭りであることはこちらで述べた。

www.lehmanpacker.net

 

ただ、残念なことにそんなオクトーバーフェストはの開催は日本の大型連休からはずれた、9月中旬〜10月上旬だ。

 

 

通常のサラリーマンなら、なかなか休みをとって来づらい時期だ。

 

今回ミュンヘン市内を観光する中で、ここでも十分楽しめるじゃん♪、と思った観光スポットがあったので、紹介していきたい。

 

紹介するのは、

・ホフブロイハウス(ビアホール、室内)

・ヴィクトアーリエンマルクト(屋外マーケット。外)

(覚えづらい人はビクトリアマーケットと覚えてしまおう)

 の2つだ。ちなみにぼくはアウトドア好きなので、おすすめは2つめ。

 

 

オクトーバーフェスト以外の時期にミュンヘンを訪れた際に、

『ドイツといえばビールでしょ』

な雰囲気が味わえる場所として、訪れる候補に是非してもらいたい。

 

 

さて、それではおすすめスポット2選を写真つきで紹介していく。

 

ホフブロイハウス

f:id:lehmanpacker:20161116183342j:plain

ドイツの観光本で、ミュンヘンの章を目にした人からは、もう分かりきっているよ、と言われてしまいそうだ。こちらはほとんどの観光本に載っている。

 

ビールづくりがさかんなドイツには、ビール醸造所直営のビアホールが1200もあるのだが、そのうちの有名どころだ。上記のHBのマークはなんとなく見かけたことがある人もいるだろう。

 

 

早速内部を見ていこう。

 

 

中に入ると、天井は非常に高く、そこに施された装飾画がお出迎えする。

非常にヨーロッパらしいおもてなしの形だ。観光客の声や演奏の音楽がよく響く構造になっている。

f:id:lehmanpacker:20161116183410j:plain

 非常に天井が高い。装飾も立派。ラスベガスのヨーロッパの街をテーマにしたベネチアンだとか、パリス、とかに行くと、こんな感じだ。(絵面は空だったりする)

 

レストランも併設されているため、ビールのみならずバイエルン州の地元の料理も味わうことができる。 ぼくが訪れたのは平日木曜日の昼過ぎだったか、中は非常に活況を呈していた。

※とはいうものの、ぼくの訪れたオクトーバーフェスト期間はミュンヘン市内観光地は、1年のうち最も混み合う時期であろう、ということも注釈しておきたい。

 

f:id:lehmanpacker:20161116184101p:plain

楽しそうにお酒をのみながら、料理を食べる(たぶん)観光客たち。

ぼくはチラ見しただけ。席について食べたり飲んだりすることはしなかった。

 

オクトーバーフェストのテント内では、ライブ音楽が流れているのだが、ここ、ビアホールでもライブ音楽の演奏をやってくれている。近づいて、スマホを向けると笑顔で対応してくれた。

f:id:lehmanpacker:20161116184159j:plain

動画をあげたいが、、、むむ、できなかった。

 

f:id:lehmanpacker:20161116184107p:plain

 

奥まで進むと、中庭のような構造になっており、そこでも飲み食いができるようだった。この建物に四方に囲われた外で食べる、という空間設計はヨーロッパではしばしば見かける。

 

中か、外か、好みに併せて席をチョイスするとよいだろう。

 

 

ぼくはここ1箇所しか訪れていないが、その他にも有名ビアホールはあるようだ。

下記

fish and tips、posted by Reiserinさん 

の記事が参考になる。

 

自身の好みに併せて訪れるとよいだろう。

 

fishand.tips

 

 

 

次の、外で飲めるヴィクトアーリエンマルクトを解説する前に、ひとつ小ネタを挟もう。

 

 

 

小ネタ おすすめビール

ぼくもビールの種類に明るいわけではないが、この旅でしきりに飲んでいた、

日本人が好みそうなビール

を紹介しておこう。

 

ヴァイスビア

f:id:lehmanpacker:20161118071928j:plain

旅の中で、ビールといえばこれ、というほど何度も飲んだビール。ヴァイスビア。

ヴァイス=白、という意味なのだが、写真ビールが濁っているのがわかるだろうか。それがおそらく白、と言われる所以だろう。

 

 

味は、

日本人の若い(お酒飲み出したばかり)や女子が好きであろうと思う。

苦味がないのだ。

フルーティーと表現すればよいのか、いわゆる

『わたしビール苦いから嫌い』

と発言する人の、嫌いな要因、苦味成分がない。

 

日本でなかなか口にすることのない味なので、是非おすすめしたい。

 

 

■関連情報

・wikiペディアの情報 白ビール - Wikipedia

・ドイツビールあれこれの情報 ミュンヘン ビール&パブ ガイド

 ドイツで色々な種類を勉強した上で、制覇したい!

という人はリンクを参考にしてほしい。

 

 

 

ヴィクトアーリエンマルクト

 マリエン広場からほどなく、近づくと飲食店の屋台や、椅子とテーブルが並ぶエリアが現れる。

f:id:lehmanpacker:20161118192031j:plain

平日の昼だというのに、たくさんの人がいた。

駐在員曰く、オクトーバーフェスト期間じゃないときにくると、pensioner、退職したじぃさんたちが昼間っからビール飲みまくっているよ、だそうだ。

のどかそうだ。

 

f:id:lehmanpacker:20161118191928j:plain

ビールの屋台。litter beer3.7euro。

 

f:id:lehmanpacker:20161118190927j:plain

 

マルクト(=マーケット、市場)だ。

座席の近辺にはdeli形式で、食事を買えるお店があった。

f:id:lehmanpacker:20161118191615j:plain

 

f:id:lehmanpacker:20161118191652j:plain

シーフード系のデリ。

 

f:id:lehmanpacker:20161118191742j:plain

f:id:lehmanpacker:20161118191805j:plain

f:id:lehmanpacker:20161118191813j:plain

 

 

どれもこれも結構イける味だった。

ぼくらも昼からのんびりビールを飲んだ。

 

 

また、このヴィクトアーリエンマルクト、食事・ビール以外にも屋台が並んでおり、お土産あさりもできる。

はちみつ、オーナメント、etc、、、。下記に写真で紹介する。

 

 

f:id:lehmanpacker:20161121001707j:plain

くだもの、やさい、花、などなど。

 

f:id:lehmanpacker:20161121001551j:plain

はちみつ。

 

f:id:lehmanpacker:20161121001630j:plain

いろいろな国のチーズ。

 

と、まぁこんな感じで、食事以外の観光気分も味わえて、一石二鳥な場所なわけだ。

是非晴れた日には、訪れたい。

 

 

また、先に述べたホフブロイハウスもそうだが、この一帯にミュンヘンの市庁やショッピングのできるデパート、と徒歩圏内にかなり固まっている。

 

そういった意味でも訪れる価値のある地域だろう。

(この辺はガイドブックを眺めているとよくわかる)

 

 

最後に、屋外でビールを楽しむ、としてヴィクトアーリエンマルクトを紹介したが、ガイド本の情報を拝借し、もう少々ビアガーデン的なスポットも紹介しておきたい。

・パークカフェ

・ミヒャエリガルテン

・ケーニヒリッヒャー・ヒルシュガルテン

(地球の歩き方より)

 

また、ミュンヘン市内にはそれだけでなく、たくさんのビアガーデンがあるようだ。ぼくは訪れていないが、下記も参考になる。

 

【ミュンヘン】ビアガーデンリスト&地図 | ドイツ便利帳

 

ミュンヘンで最も素敵な ビアガーデン

f:id:lehmanpacker:20161121004809p:plain

 

 

 

 

屋内で、屋外で、いろいろなロケーションでビールを楽しめるのがドイツの良いところだ。

 

オクトーバーフェスト期間でなくても、問題なく楽しめる。

ビール好きには是非訪れてほしいスポットたちだ。