リーマンパッカー空をとぶ

サラリーマンの旅ノウハウ。   ※スマホ表示にトグルメニュー追加しました。

ヨーロッパ周遊SIMカードならMighty SIMが最強。テザリング可、Amazonで買える、コスパよし!

この記事ではヨーロッパ周遊に強いMighty Simの価格や使い方、特徴、また現地で使ってみた様子などをまとめていきます。

 

2017.08.05追記
本記事登場のMighty Sim以外にももう少しリーズナブルなSIMも含め3選、まとめました!ぜひ合わせてご覧ください。

ヨーロッパ周遊可能sim3選!amazonで買える安いおすすめsimカードを3つまとめてみるよ。【比較表あり】

 

ヨーロッパ周遊向け、最強SIMカード

2017年5月、ヨーロッパ周遊(レンタカー旅)をしてきました。

行ってきた国は、イタリア→スロベニア→オーストリア→クロアチアの4ヵ国です。

ダイジェストまとめ記事はこちら。

中欧ダイジェストスロベニア、オーストリア、クロアチアの旅行記。

 

ルートは下記。

f:id:lehmanpacker:20170414224710j:plain

たった1枚で、国境越えの度に特別な設定もいらない超便利なSIMカードを使ってみたので説明していきます。

 

また、使った感想なども記事下部に書いてゆきます。

 

Mighty SIM

f:id:lehmanpacker:20170519224655j:plain

Mighty SIMは2017年5月時点、間違いなくコスパ最強のSIMカードだと思います。

その利便性は、

 

・日本で購入できる。(カード:690円、チャージ:2600円〜)
・チャージはネットでささっと。プリペイドで、変な超過課金なし。
・追加のリチャージも簡単に。
・ヨーロッパのたいがいの国をカバーしている。
・テザリングも可能(PCや同行者へのWIFI発信が可能)
 

 

などなど。利便性が非常に高いです。

追って詳細を見ていきましょう。

  

 

いくらくらいなん?

まずは気になるお値段から。

Mighty SIMはAmazonで買えます。

何故か楽天やその他のECサイトでは取り扱いがありません。

 →リンク:Amazon

 

値段は、690円。(カードのみ)

チャージの値段は通信量次第で下記の通り。

f:id:lehmanpacker:20170519231630p:plain

 

足し算すると、

・500MB 3,290円

・1GB  4,490円

・2GB  7,490円

・3GB  10,090円

こんな具合です。

 

高いような安くないような。ただ、タイトルの通り、コスパが良いな、と思っている詳細は後述します。

 

さっとあげられる点はテザリングが可能なので、同行者と割り勘できる点。

今回2人旅だったので、1人当たり、2200円程度。

1週間いたので、1日約300円。悪くはない。

 

 

使用可能な国は?ZONE 1とは?

ZONE1の値段を上述しましたが、MightySimはZONE1,2,3があり、徐々に値段が上がっていく仕組みです。ヨーロッパから世界中へ、という感じ。

f:id:lehmanpacker:20170519224714j:plain 

 

ZONE1はヨーロッパのみで、使用可能な国は下記。

f:id:lehmanpacker:20170520124611j:plain

 正直ヨーロッパの日本人のいきそうな国は全て網羅しているのではないでしょうか。

 

ちなみに、ZONE2,3と下記のように値段が上がっていきます。

f:id:lehmanpacker:20170519224720j:plain

 

ZONE2からは1に加え、アジア圏やUSAなどが加わっていきます。

ただ、その値段は10,600円/1GB。全然安くありません。

 

ZONE2や3の利用を考えるなら、その地域に最適化されたSIMを買うべきです。

例えば、アジア圏行きならアジア圏に強い(安い)SIMを探したほうが良いです。→Amazon アジア圏で強いSIM

 

あくまでMightySimの強みは、ヨーロッパ界隈にあります。ZONE2,3の詳細を知りたいかたはコチラ(Mighty Sim公式ページ)。

 

 

どの容量を選べば?

さきほど、

f:id:lehmanpacker:20170520130817p:plain

と述べましたが、選ぶ際に気になるのは、いったいどのサイズを買うべきか、という点。

 

Amazon上の口コミだと、みな、1週間で、500MBも使わない、使わない、と言っています。ぼくは、安パイをとって1GBへ。ぼくの場合、 結果1週間でジャスト1GBとという感じでした。用途は下記。

  • カーナビ(だいたい毎日500kmほどドライブ)
  • LINEで写真やメッセージ
  • Twitterで写真をUP
  • ウェブ検索(駐車場・ガススタ探し、レストランの口コミ・営業時間などなど。)
  • 同行者へのテザリング(1名)

 ざっとこんな感じです。

 

 

正直、結構節約していました。単純に1日あたり125MBと計算していました。ナビ(Google Map)の使用のみ、と限定すればあまり使わないのでしょうが、SNSへの写真アップを頻繁に使った為、わりとすぐに進んでいきました。

 

でもやっぱり現地でその都度訪れる情報収集必要性、それが車の中でサっとできるというのは驚異的な利便性でした。(美味しいレストラン・駐車場の場所etc)

  

節約策として、旅の後半、カーナビでは一度検索をかけ、検索結果がでたら機内モードなどにしてたりしました。(Google Mapのカーナビ機能は、一度経路を出してしまえば、オフラインにしてもカーナビは続行する。)

 

Webサイトの閲覧には注意です。ブログなど読もうものなら、大量に貼り付けた写真を読み込む必要がありますから。そういうのはwifiつきの宿でやりましょう。あと、PCへのテザリングも注意。PCでのWeb閲覧はめっちゃ容量くいました。動画閲覧なんかも言わずもがな。

 

今回は1GBを選びましたが、もしこれが4人の旅、などになるなら、2GBなどにしたほうが良いでしょう。

(まぁ4人になるならpocket wifiのほうがよいのかも。その人数で特定の誰かのスマホにSIMを入れちゃうのもちょっと不公平だしね。)

 

 

もっと安いのないの?

 ぼくが最初に検討したのは、

 

①現地の空港などで探す、

という方法。

今回inした空港はローマFCO空港でした。が、空港などで売っているのは、やはりその国、その国のみでの利用を前提としているんですよね。

周遊可能タイプもなくはないようでしたが、調査してみると高くなりそうでした。

ローマスタートの旅であるばらば、vodafone italiaの周遊タイプ。というのが一応存在しそうでした。

一カ国滞在のみの人で検索したい方は 都市名+simカード、空港名+simカード、などで検索してみましょう。

 

 

② THREE SIM

f:id:lehmanpacker:20170521113216j:plain

もう一つ、欧州周遊系、事前に日本で買える、で押さえておきたいのはThreeのSimです。こちらもAmazonで購入できます。

 

結論からいうと1GBあたりの価格はMighty Simよりも安いです。

 

値段 (2017.05現在)

  • 1GB  1,780円
  • 3GB  2,850円

(2017.08追記:1GBで2090円に値上げになってます。)

 

カバー国も良い感じ。

f:id:lehmanpacker:20170521114706j:plain

 

アイスランド

スウェーデン、

フィンランド、

ノルウェー、

デンマーク、

 

オランダ、

ベルギー、

イギリス、

フランス、

ドイツ、

オーストリア、

スイス、

スロベニア

イタリア、

スペイン、

ポルトガル、

  

ポーランド、

クロアチア、

ルーマニア、

スロバキア、

ハンガリー、

チェコ、

ブルガリア、

ギリシャ

 

香港、

マカオ、

オーストラリア、

ニュージーランド、

 

アメリカ(本土)

  

統一感なし。全部あげるとキリがないので気になる人はこちら。

Go Roam | Feel at home | Three

 

 

 

でも、このTHREEはテザリングができないんです。

今回は2人旅でテザリングが必要だったので、MightySimを。

複数人の旅なら多少高くてもMightySimかなぁ。みんなLINEとか旅中したいしね。(←友人は土産のやりとりなど日本の知人としてました。)

 

 

俺・私は一人旅や。テザらん、というなら、THREEの選択肢もアリ。 

 下記、Amazonのリンクです。

 

Amazon THREE SIM 1GB

 

Amazon THREE SIM 3GB

 

 

少々Mighty Simの話から脱線しましたが、話をMighty Simに戻します。

 

 

 

日本で事前に準備ができるということ

利便性、良い点、でこの小見出しを説明します。ぼくの経験則に基づいて。

 

初回、バリ島で

ぼくが海外で現地の通信を使い出したのは2016年バリ島を訪れてからです。(記事はこちら。)現地についてから高そうな空港を避けたり、現地で探したり、と時間をかけて探したものです。また、店員に設定してもらってもうまくいかず格闘したり。結果は開通できました。

 

2回目、ミュンヘンで

その次に試したのは、ドイツ、ミュンヘン。現地のガソリンスタンドで、ネット上評判のよさそうなcongstarという現地の格安simを買いました。ネットで調べまくって住所登録やらなんやら色々試しましたが、なんと結果開通させられず。何時間もかけたのにね。

 

このように海外でsimカードを買って開通させるという行為は、うまくいけば安くいくのですが、

  • 時間がかかる(探す時間、手続きする時間、自分で登録となるともう最悪。)
  • 開通しないリスクがある。

 などなど、デメリットがあるのも事実です。

 

現地でふんだんに時間とれれば良いのですが、そうでないサラリーマン旅では、現地で探す手間やら、あれこれプランを現地語(or英語)で伝える煩わしさ、開通しないリスクを、

 

お金で買う

 

んです。その方がよっぽど有用。

日本で事前に時間が置き換えが出来て、現地の超安いものとの差が千円、二千円なら、日本で買えるSIMカードでよいじゃない。日本でできることは日本でやっちゃおう。

 昨今ではAmazon上に各地に最適化された海外SIMカードがごろごろ転がってます。 

Amazon 海外SIMカード  検索結果

 

 

 

日本勢(mineo、楽天など)は?

少々余談ですが、日本勢の様子を。

 

mineo海外SIM

f:id:lehmanpacker:20170521195749j:plain

http://global.mineo.jp/service/index.html?otoku

 

 

楽天モバイル 海外SIM f:id:lehmanpacker:20170521195803j:plain

 

https://mobile.rakuten.co.jp/global/price/

 

 

1GBあたり(欧州プラン)

mineo 9,800円

楽天  7,700円

という具合。もうちょっと努力してほしいところ。

 

とりあえず国内mvnoは無視でよし。海外旅行の際はAmazonでその地最適なものを探しましょう。

 

はなしをMighty Simへ戻します。

Mighty Simつづき 

手続き方法

手続き方法は簡単です。Mighty Simにログインし、チャージをし、現地に着く前にANP設定をしておくだけです。

 

f:id:lehmanpacker:20170519224711j:plain

 SIMが届く際付属の説明書にしても、サイトにしてもわかりやすいのでそれを参考にすればOK。公式サイト:MightySIM | 世界中で使えるデータ専用グローバルSIMカード「マイティーシム」 

 

以上簡単にMightySimの解説をしてみました。

 

 

最後に、ぼくの中欧の旅を振り返ってみます。SIM振り返り風旅日記。Mighty Simのイロハネタは以降でてこないので、離脱可です。お時間ある方は是非是非お付き合いください。

 

 

Mighty SIMで振り返りる欧州日記

イタリア到着〜開通

ローマにつきます。すぐにローミングをONにし、無事つかむ。幸先よいねぇー。

すぐにレンタカーを借りて、イタリアのあちこちを走ります。

無事、GoogleMapのカーナビが機能します。

 

うむよいよい。

f:id:lehmanpacker:20170521215707j:plain

写真中央、スマホ。無事ナビになってます。

 

 

SNS投稿

2016年の12月にtwitterはじめました。

まだまだフォローフォロワーは少ないのですが、旅行好きそうな人とも繋がってるので、現地情報を発信。

f:id:lehmanpacker:20170521215955j:plain

この都度都度、の臨場感で旅発信してみたかったんだな。

 

f:id:lehmanpacker:20170521220209j:plain

観光地各所で、twitter投稿。

@ピサの斜塔。

たしか、『めっちゃ傾いてますわ』的な投稿を。

 

f:id:lehmanpacker:20170507022048j:plain

イタリア、トスカーナ、ピエンツァ

 

ただ、スマホとデジカメの2つをもっていったのですが、SNS投稿用の写真と、ちゃんとした写真用の、2つを撮るハメに。コイツが地味にめんどくさかった!

なんか電子機器に操られているなぁー。的な。

 

 

ヤバイ、ガソリンがピンチ!

レンタカー旅だとこんなことも起こります。

フィレンツェ→ピサに向かう時。たしか、Q8 って名前のガソリンスタンドみかけたなぁ。冷静にGoogleMapでQ8と検索。あら便利。数キロ先に出るじゃないの。

 

こんな感じで、やはりネットに助けられます。

 

 

安い駐車場は、、、?

ピサ→ベネチアに向かう時のこと。ベネチアっていうのは、物価がゲキ高い(ホテルもレストランも、駐車場も)で有名なんです。ネットでたしか安いの発見してたんだよなぁ。とGoogleKeepに(evernote的なメモ機能。)残していたURLを漁ります。

 

お、あったあった。すかさず検索し、そこを目的地へとナビ上切り替えます。

f:id:lehmanpacker:20170521220853j:plain

 

その他、オーストリア、ザルツブルグでも。クロアチア、ザグレブでも。ぐるぐる迷わないように、行きたい観光地の近くの駐車場をぱぱっと検索できました。

 

ネットで

・観光地+parking

もしくはGoogleMap上で、

・parking

と検索。

 

ホンマ便利な世の中。

 

 

カフェザッハー何時までやってんの?

目的地のお店・レストランに夜に行く場合、Trip adviserなどみていたわけですが、営業時間も丸裸。その場で行動をアジャストできます。

f:id:lehmanpacker:20170521221213j:plain

 

 

やばい、宿のチェックイン〆切に間に合わん。電話しよう。

長距離移動を続けているとこんなことも起こります。(てか計画上確信犯)オーストリア→クロアチア、プリトヴィッツェ湖群に移動中のこと。宿のチェックイン締めは18時。Google Mapの指し示す到着時刻は22時。

いなかの民泊、個人経営の宿など、まぁ開けてくれるだろうとたかをくくってはいけません。(一度ノルウェーで車中泊した苦い思い出あり)

 

田舎の夜は早いです。必ず一報いれておきましょう。

f:id:lehmanpacker:20170522064138j:plain

ぼくは、16時だったか、もう早い時間に遅れる旨伝えておきました。

 

海外の電話(日本→海外、海外間(A国内、A国→B国))の電話はLINE OUTかGoogleのHang Outを使ってます。両方1分あたり10円もしません。(もちろん簡単な英語は話せないとダメですが。)

 

 

 

 

あ、もうすぐボローニャだ。ボロネーゼでも食べとこ。

最後イタリアをクロアチア方面からぐるっと南下中。お昼時にボローニャを通過することに気づきます。こりゃボロネーゼ食っとくしかないな、ということで、

『ボローニャ ボロネーゼ 絶品』

などとググります。すると数記事出てくるわけです。日本人の旅日記が。

そして、高速道路の出口から寄りやすいお店をチョイスして無事到着。

f:id:lehmanpacker:20170507021613j:plain

f:id:lehmanpacker:20170507021742j:plain

こんな感じで、美味しいレストランなどを発見できました。

 

 

 

上記が全てではないですが、やはり旅でネットで現地で情報収集ができるのは本当に便利です。みなさんも是非、simフリースマホ+海外SIMで良い旅を。

 

2017.08.05追記
その他にももう少しリーズナブルなSIMも含め3選、まとめました!ぜひ合わせてご覧ください。

ヨーロッパ周遊可能sim3選!amazonで買える安いおすすめsimカードを3つまとめてみるよ。【比較表あり】

 

 

参考リンク

Amazon SIMカードリンク

Amazon Mighty SIM

 

Amazon THREE SIM 1GB

 

Amazon THREE SIM 3GB

 

Amazon アジア圏で強いSIM

 

 

SIMフリースマホ

・購入(AMAZON人気機種)

Amazon 売れ筋 SIMフリースマホ

 

・レンタル(DMM)

DMMで4000円前後〜/月でレンタルやっています。

DMM いろいろレンタル