リーマンパッカー空をとぶ

サラリーマンの旅ノウハウ。   ※スマホ表示にトグルメニュー追加しました。

ボラカイ島に行ってきたので紹介するよ。ホワイトビーチは聞きしにまさる透明度でした。

先日お正月に、書き初め、で書いた通り、2017年1月、フィリピン・ボラカイ島 にいってきました。

  

*旅概要*

フライト・旅程

 水曜日、夜中HND発→→マニラ経由→→木曜日、10時半頃、ボラカイ島着

 日曜日、午前ボラカイ発→→マニラ経由

 中日、3日(木、金、土) 有休取得(木、金)

 

目的:リラックス

 

 旅行記や現地の紹介よりもまず先にボラカイ島って何?

これを簡単に説明してみます。

 

ボラカイ島とは??

 

まずは簡単にwikipediaより。

2012年には、アメリカの旅行雑誌『トラベル+レジャー』によって、世界最高の島と評価された。

ボラカイ島を世界に有名にした、島の代表的なビーチは全長4kmの白砂の浜辺、「ホワイト・ビーチ」である。ボラカイ島の西側にあり、桟橋があり、島の95%の住宅や商業施設が集中している。

ボラカイ島 - Wikipedia

 

 はい、ということでとても綺麗なホワイトビーチのある、小さな島です。

アジア+ベストビーチ みたいな検索ワードでも出てきます。

 

 

 

行こうとしたきっかけ

としては、先日会社でフィリピンからの駐在帰任者に、

『ボラカイ島いいぞ〜』と言われ、コチラの記事に書いた通りセブ島に行きたいと考えていたところ(結果チケット安く取れなかったので行くの辞めた。)

じゃ、ボラカイ島に行ってみるか、ということで、行くことを決めたわけです。

 

 

 

位置・行き方・アクセス 

 まずは地図からみてみましょう。

 

ボラカイ島をgoogleマップで探すと、思わず、小さっ、となります。

セブ島のように大きな島ではない。よって空港も何もない。

 

とはいえ、観光開発がまぁまぁ進んでいるため、最寄りの島に上記地図にあるような、ゴードフレードP.ラモス空港(別名カティクラン空港)という空港があります。

 

そこから船で15分ほど。

 

もう一つ、カティクラン空港と同じ島のも〜っと南の方に カリボ空港 という空港があります。

が、そちらはボラカイへ渡るフェリーターミナルまでバスで2Hほど移動しなければいけません。

 

 

どっちの空港がいいの?

マニラからのフィリピン国内線に乗らないといけないわけですが、どちらの空港を使うべきか。

 

①カティクラン空港(フェリーターミナルまで、徒歩10分)

②カリボ空港(フェリーターミナルまで、バス2H)

 

飛行機代は、②のカリボの方が圧倒的に安いです。

ここはお財布と時間の兼ね合いといったところでしょうか。

 

 

ぼくは日本⇔マニラ便との乗り継ぎ時間なども考慮しながら、①カティクラン空港(高い方)を選びました。お値段は往復で2.5万円ほど。航空会社はCEBU PACIFIC。

 

 

詳しい行き方はコチラが大変参考になります。

ボラカイ島への行き方 | 新アジアンリゾート・フィリピン

 

 

 

 

ホワイトビーチ

さて、続いて現地についてみてからのビーチ写真です。

3泊したのですが、あいにく毎日雲が多かったです。

ネット情報では乾季だったのに〜、くっそ〜。

 

という状況の中撮った写真をごらんください

↓↓

 

f:id:lehmanpacker:20170123070728j:plain

f:id:lehmanpacker:20170123070747j:plain

f:id:lehmanpacker:20170123070802j:plain

 

とまぁこんな感じです。

曇りでもこの透明度でした。さすがアジアのベストビーチと呼ばれるようなホワイトビーチですね。

 

 

genxy-net.com

 

アジアのベストビーチにはフィリピン・ボラカイの『ホワイトビーチ』が3年連続で第1位に選出。

スカイブルーの空ときめ細かい砂浜、開放感溢れる南国リゾートビーチだ。

 

 

 

 アクテビティ

何ができるか、、、客引きから下記の紹介をもらいました。


f:id:lehmanpacker:20170123084835j:image

 

・ダイビング

・シュノーケル

・バナナボート

・アイランドホッピング

・島内観光(滝とか)

 

とまぁ、東南アジアのビーチリゾートの一般的なアクティビティはできる、という感じです。

 

 

かなりノープランで乗り込みましたが、ぼくは 

ダイビング

アイランドホッピング(シュノーケル込み)

スタンディングパドル(サーフボードにのって立ち漕ぎするやつ)

をやりました。

 

f:id:lehmanpacker:20170208190407j:plain

 まじで全然立ち漕ぎ出来なかった。。(滞在中2回トライ)

 

 

 

島内交通

 トライシクル、という下記の様な乗り合いバイクタクシーのようなものが走っています。


f:id:lehmanpacker:20170123084951j:image

 

が、!

そもそもホワイトビーチに、観光するところがぎゅぎゅっと集約されているので、あちこち出かけるような島でもありません。

 

ネットでたたけばいくらか情報は出てきますが、バットケーブ(コウモリがたくさんいる洞窟)とか、微妙なスポットがでてくるばかり。

 

小さい島ですからね。

その島を有名たらしめる、ホワイトビーチだけで過ごすので、十分でしょう。数日の滞在であれば、ホワイトビーチ(全長4km)でたらりたらりと過ごすのがよいかと思います。

 

実際にトライシクル活躍するシーンは無し。

ぼくが使ったのは、帰りにフェリーターミナルに向かったときだけでした。

 

 

 

レンタルバイク

ちなみに、レンタルバイク、などの情報もネットで叩いてみたら、東南アジアらしからぬ、1日数千円という価格。なえました。

まぁ前述の通り、小さい島ですし、この島はホワイトビーチにあるのですから(^_^;)

こちらも活躍のシーン無しでした。

 

 

食事・レストラン

f:id:lehmanpacker:20170208195608j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208235308j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208235426j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208235220j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208195610j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208195634j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208190409j:plain

 

f:id:lehmanpacker:20170208235733j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208235659j:plain

 フィリピーノ、アメリカン、イタリアン、和食、コリアン、中華、アラビック、タイ、なんでもござれの顔ぶれです。

 

 

値段は数百円〜1000円程度。

日本と変わらないくらい、とイメージしておけばよいかと思います。

(数百円→コンビニ 肉まんとかホットドッグとか)

 

 

また、ビーチリゾートならでは、ビーチ沿いにもたくさんおしゃれなレストランがあり、夜なんかぷらぷらながめ歩きするだけで気持ちよいです。

 

 

f:id:lehmanpacker:20170208235917j:plain

 

 

f:id:lehmanpacker:20170208235839j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208235816j:plain

f:id:lehmanpacker:20170208235806j:plain

 

こういう寸劇的なものがいきなりはじまる 時間もあり。

f:id:lehmanpacker:20170208190432j:plain

 

f:id:lehmanpacker:20170208190414j:plain

 

波打ち際からビーチ沿いのレストラン方向へ、パシャり。

f:id:lehmanpacker:20170208081650j:plain

 

 

ショッピング

自体は、何を求めるか、という話もありますが、一応。

Dモール というモール街がありますが、これはイオンモールのような建物ではありません。

 

こういう感じ(@朝一のDモール)

f:id:lehmanpacker:20170208195629j:plain

夜なんかは観光客でワシャワシャになります。

スーパーもあればレストランやお土産屋など立ち並びます。

 

高級ブランドはありません。

 

 

 

 

以上ボラカイ島の紹介でした。

 

 

後日、日記形式で旅日記なんかを紹介していきたいと思います!

 

 

関連記事

マニラ空港ターミナル間移動の乗り継ぎ注意点、空港ATM状況、ボラカイ空港〜島までのアクセスなど。【ボラカイ徒然#1】

 

ボラカイの安宿紹介。や、お散歩情報。Dモール、ビーチ沿いレストランなどなど。【ボラカイ徒然#2】

 

ボラカイ島のアクティビティ。スタンドアップパドルサーフィンをやったよ【ボラカイ徒然#3】

 

ボラカイ島でダイビングをやったよ。値段や、海中様子、あとアクションカメラ紹介も。【#ボラカイ徒然4】

 

ボラカイ島のアイランドホッピング情報!値段や内容などなど。【#ボラカイ徒然5】