リーマンパッカー空をとぶ

サラリーマンの旅ノウハウ。   ※スマホ表示にトグルメニュー追加しました。

【ドイツ・食レポ】ミュンヘンの超美味しいレストラン。おすすめ料理はトリュフのパスタ!(絶品パスタに悶絶した話)

f:id:lehmanpacker:20161129190818j:plain

この記事では、ドイツミュンヘンで、現地駐在員に連れて行ってもらった、超美味しかったレストランを紹介・食レポいたします。

 

 

※2016年9月情報、1euro=116jpy

 

2016年9月、ドイツミュンヘンを訪れた。

現地駐在員を訪ねたため、美味しいレストラン、など自分で探す手間もなく、あちこち連れて行ってもらった。

 

その中で、悶絶するほど美味しいレストランに連れて行ってもらったので、紹介したい。ミュンヘンに駐在している方、住んでいる日本人がいれば、是非一度訪れてほしい。

 もしくは、ミュンヘンを旅行などで訪れる人がいれば、是非行ってほしい。

 

il-gattopardo

f:id:lehmanpacker:20161129191208p:plain

http://www.il-gattopardo.de/

 住所:Nordendstr. 58, 80801, Munich, Bavaria, Germany

電話番号:+49 89 24290450

 

この店名のガットラパード、調べてみたところ、ネコ科のオセロットという動物のようだ。

f:id:lehmanpacker:20161130190520p:plain

同じ地域に生息するジャガーネコやマーゲイと類似した外観をもつが、オセロットの体長は65-120 cm、尾の長さは 27–61 cm、体重9-16 kg とより大型である。

オセロット - Wikipedia

(駄ネタでした。。)

 

 

 

さて、このガッドパラード、ミュンヘンで行く必要があるのか、とツっこまれてしまいそうだが、内容はイタリア料理屋だ。店主はナポリ出身とのこと。お店の名前やメニュー表記もイタリア語だったりする。

 

いやしかし、訪れてほしいのだ。例え地元料理でなくても、このお店だけは訪れる価値があると断言できる。これが、本物のヨーロッパの料理、と思える味だったし、正直ヨーロッパでこんなに美味しいと思った料理は味わったことがない、と言い切れる味だった。

 

 

イタリア、ローマやミラノ、フランス、パリやニース、スペイン、バルセロナ。

だいたいヨーロッパの観光でメジャーだといわれる都市には行き、あちこちレストランは入った事はあったが、美味しい、と思えるものには出会っても、ここまで抜けた味には出会った事はなかった。

 

駐在員に、

『まじトリュフのパスタやばいから!!!』

と言われていて、いいやぁ、またまたぁ、というリアクションをしていたが、食べてみて本当に驚いた自分がいた。

 

少々くどくなった。

 

それでは早速紹介していきたい。

 

 

 

アクセス

 

il gattoparadoはミュンヘン中心部から、やや北に外れたところにある。

中心部を起点とすれば、地下鉄などで、数駅だ。

 

 

 

f:id:lehmanpacker:20161130220058p:plain

 

自力で

まず、google mapの検索結果リンクを貼っておくので、現地でスマホが使え、自力で行ける人は、下記をクリックしてほしい。

Google マップ

(Google map 検索結果にとびます)

 

 

地下鉄で

f:id:lehmanpacker:20161130215834p:plain

地下鉄の場合は、4つの駅に囲まれている。利用しやすい路線でいけばよいだろう。地図上Uマークが、地下鉄駅だ。

 

U8/2号線・・・Josephsplatz(左下)、Hohenzollernplatz(左上)

U6/3号線・・・Giselastraße、(右下)、Münchner freiheit(右上)

 ミュンヘン中央駅からなら、U8/2号線

マリエン広場などからなら、U6/3号線。

 

どこから歩いても、10分程度。

 

 

 

参考 

地下鉄路線図

http://vagabond.air-nifty.com/kp/files/Deutsch-Munchen.png

http://vagabond.air-nifty.com/kp/2006/06/schienennetz_mu_08ba.html

 

 

 

トラムで

f:id:lehmanpacker:20161130215901p:plain

もしくは、トラムに乗れるならば、最寄りは、Elisabethplatz停留所だ。27番路線だ。

 

 参考

f:id:lehmanpacker:20161130220528p:plain

http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=384997

 

 

 一応、、動く地図も。

 

 

 

 店構え、店内など

 

f:id:lehmanpacker:20161130222941p:plain

München | Place to put our Thoughts

 

 

f:id:lehmanpacker:20161130100952p:plain

Il Gattopardo - Cucina e Vini (ミュンヘン) の口コミ121件 - トリップアドバイザー

 

店舗はさほど大きくないし、中もそれほど広くはない。

しかしながら、予約は無しでもすんなり入れた。(金曜の夕方に訪れた)

全体的な色使いは、濃いめの色で、その重厚さがドイツっぽい。

 

ちなみにぼくらは外で食べた。

f:id:lehmanpacker:20161129190638j:plain

 

 

 

 

ネット口コミ

 

何も知らず訪れた後、あらためて検索してみた。

しっかり、検索にかかり、本家サイトも検索表示されるし、trip adviserの口コミも確認できる。

 

www.tripadvisor.jp

 

f:id:lehmanpacker:20161130102257p:plain

f:id:lehmanpacker:20161130102435p:plain

レーティングは星4.5、と、良好だ。

レビューに日本語(21)とあるが、日本人の投稿は見当たらなかった。

現地に住んでいる日本人はあまり行かないのだろうか。

 

 

 

メニュー

 f:id:lehmanpacker:20161130221932p:plain

 メニュー表には、上から順に前菜、パスタ、メイン、デザートと並ぶ。

現地でメニューを読み、出てくる料理を想像することは正直結構難しい。イタリア語とドイツ語混じりで表記されている。ただ、英語を話せるスタッフもいるので、これは◯◯だよ、と説明してくれる。

 

一応ここで補足しておくと、上から順に、

ANTIPASTI・・・前菜

PRIMI PIATTI・・・パスタ類

SECONDI PIATTI PESCE・・・メイン、魚類

SECONDI PIATTI CARNE・・・メイン、肉類

DOLCI FATTI IN CASA・・・デザート

だ。

 

めんどくさい人は、PRIMI PIATTI(パスタ欄)の、Tagliolini mit schwarzem truffel (トリュフのパスタ)だけでも食べてほしい。

 

価格帯はご覧の通りだが、日本人へとっては、EUROのレート次第か、一言で言えば、まぁレストラン価格かな、くらいの値段だった。(1EURO=116JPYでは多少リーズナブルにも感じた)

 

前菜

f:id:lehmanpacker:20161129190818j:plain

f:id:lehmanpacker:20161129190806j:plain

 

f:id:lehmanpacker:20161201065247j:plain

説明を受けたのだが、覚えていない。

 

 

パスタ

f:id:lehmanpacker:20161129190656j:plain

 カルボナーラ。

こちらメニューでは確認できなかったが、カルボナーラもあるよ、という店員の一言で頼んでみることにした。

 

結果、、めちゃうま。

 

タイトルの通り、トリュフのパスタをめがけてこの店に行ったのだが、トリュフパスタを食べたことないぼくは、なんじゃこりゃ、カルボナーラでもう満足です。

と言っていた。

 

f:id:lehmanpacker:20161201063841p:plain

トリュフのパスタ。

でました。

 

トリュフのパスタを目掛けてこの店に来た割には終盤に登場した。

 

世界三大珍味、黒いダイヤなどの異名をもつトリュフ。

f:id:lehmanpacker:20161201064550p:plain

https://matome.naver.jp/odai/2139737216658291701

 

日本のパスタ屋に行ってもそもそもメニューにないので、食べる機会もないし、今まで一度も食べたこともなかった。

 

TVでは、

その採取の現場をヨーロッパで昔は豚、今は犬、を使って採取しています、などと見かけた程度の存在。

 

もしくは、高級レストラン紹介、みたいなTVの番組で、オシャレなウエイトレス(or店長?マネージャー?)が、

『時価です』とドヤ顔で、削りながら、

一削り千円です。→(芸能人たち)『えぇ〜!』

などと紹介されている存在。

 

 そんなトリュフを初めて食べてみた。

悶絶。

 

 

香りがものすごくよい。パスタを口に運んだ瞬間、味ではないその”香り”がここまで味を引き立てるか、と感動してしまった。

 

4人で食事に行ったのだが、分け合いながら食べて、もう一皿追加してしまった。

 

 トリュフがこんなにもうまいものだったとは!!

 

 

いや、ぼくが本当に美味しいものを知らなかっただけかも知れないけど。。

感動してしまったわ本当。

 

 

ミュンヘン在住、旅行予定、の人には是非訪れて欲しいお店・一品だ。

 

 

ということで、

トリュフの魅力に見せられたぼくは、2017年と旅でトリュフの産地を目指します。(今のところ、クロアチア、イストリア半島、モトブン、という村を訪れる予定。)

 

おすすめ関連記事

www.lehmanpacker.net

 

www.lehmanpacker.net